ガウチョパンツ40代のコーデ!おしゃれな合わせ方のポイント | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

ガウチョパンツ40代のコーデ!おしゃれな合わせ方のポイント

ガウチョパンツのコーデ パンツコーデ

おしゃれな人が1着は持っているというガウチョパンツは、ファッション雑誌などでもよく見かけます。基本的には膝丈から七分丈くらいの長さのパンツで、裾幅が広くゆったりとしたシルエットです。

 

ただガウチョパンツは着こなしが難しいと思っている人が多いかもしれません。それが意外と何でも合わせやすいアイテムなのです。

 

幅広パンツはスタイルアップできるので、慣れてしまうと手放せなくなりますよ。

 

ガウチョパンツとは?

おしゃれ上級者に見えつつ体型カバーもできるのがガウチョパンツです。色やデザインも豊富でストライプやデニム素材、花柄など、ワイドな裾スタイルが女性らしいスタイルです。

 

ガウチョパンツの特徴として広く取られた裾幅にあります。裾幅を広くすることで足が細く見えます。それが女性らしくスタイルアップしてくれるポイントです。

 

レディースファッションでガウチョパンツが流行している理由は、ゆったりした着心地と履くだけでスタイルが良く見えるからでしょう。

 

着用時にスカートとして見えてエレガントに見せることもでき、裾の広がりがあります。ウエストが引き締まって見えるのもポイントです。とにかくラクちんな履き心地で、さらっとこなれた雰囲気になるのがガウチョパンツの魅力です。

 

ガウチョパンツとワイドパンツの違いは?

ガウチョパンツは裾に向かって広がったシルエットで膝下丈、七分丈のズボンの事です。

 

アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル南部など、南米で牧畜に従事するガウチョが着用していたものが由来です。ゆったりして履きやすい、動きやすい言葉が由来です。

 

ワイドパンツは裾に向かって徐々に幅が広がるパンツの総称です。本来は丈の長さや男性・女性用を問わず、ゆったりしたシルエットのズボンはすべてワイドパンツといえます。

 

特にくるぶし丈の女性ものをワイドパンツという事が多いです。広く言うとガウチョパンツもワイドパンツの一種といえます。

 

ガウチョパンツでシルエットが似ているファッションアイテムにスカンツがあります。スカンツはスカートのように見えるパンツで基本的にはロング丈です。

 

スカンツの中でも膝丈、七分丈くらいのものはスカートのように見えるガウチョパンツ、スカーチョとも呼ばれます。昔はキュロットスカートと言われていたものに似ているように思います。

 

幅広のボトムスをまとめると、

ワイドパンツ 幅広ボトムの総称で特に裾がくるぶし丈パンツ
ガウチョパンツ 裾に向かって広がったシルエットの七分丈パンツ
スカンツ スカートっぽく見えるワイドパンツ
スカーチョ スカートっぽく見えるガウチョパンツ

 

ガウチョパンツ2018年のトレンドは?

ガウチョパンツはコレクションでも多くのブランドが新しいアイテムとして発表され、様々なブランドから販売されています。

 

キレイめデザイン、カーゴパンツのようにフラップの付いたもの、無地や総柄など色とデザインが豊富です。そのためお気に入りの1着が見つかりやすいといえます。

 

膝下丈が主流でしたが今年は長め丈がトレンドです。短い丈だとおしゃれに見えないかもしれません。スタイルを良く見せるコツとして、トップスの前側をインすると足長にすっきり見え、気になる腰回りもカバーできます。

 

ガウチョパンツはシンプルでベーシックなので合わないアイテムが少ないです。カジュアルならTシャツなどラフなアイテムを選び、キレイ目ならブラウスをコーデするのがおすすめです。

 

ガウチョパンツを着こなす時のポイントを整理してみましょう。

40代ガウチョパンツの着こなし

ガウチョパンツは素材や柄、シルエットの選び方で、キレイ目にもカジュアルにもコーデできる便利なアイテムです。

 

トップスに少しフィットしたアイテムを持ってくるメリハリの利いたコーデなら、体型も簡単にカバーできます。

 

裾幅が広く重心が下がりやすいので、トップスはゆったりとしたシルエットのものより少しタイトなもの、丈は短めの方がバランスが取りやすいです。

 

私がガウチョパンツをコーデする場合、緑色の薄手のニットにユニクロの黒いガウチョパンツにすることが多いです。大人可愛いスタイルに仕上げるのが得意です。

 

ブラウスをトップスに持ってくる場合、シフォンなど柔らかい素材と合わせると女性らしいコーデになります。裾をガウチョにインしてきてもお洒落です。

 

Tシャツやノースリーブなど丈さえ気をつければ、何でも着こなすことができます。

 

ニット素材をトップスに持ってくる場合は注意が必要です。デザインによっては寸胴に見えてしまいます。ニットと合わせるときは明るめカラーや流行カラーを持ってくるのがおすすめです。

 

視線を上に上げる工夫をすると、お洒落上級者になります。

ガウチョパンツ40代コーデ

2018年のガウチョパンツパンツ着こなしは、トップスをパンツに入れたスタイルがおしゃれです。トップスをすべて入れてもいいし、前だけ入れてもトレンドの着こなしになります。

 

足首がすっきり出る短め丈の場合、インナーやトップスはパンツインして縦ラインを長く見せるのがポイントです。

 

上品なスタイルにするならプリーツやタックが入ったガウチョパンツなどがおすすめです。

 

ガウチョパンツはロング丈のカーディガンなどとも相性が良いです。大人女性のキレイめコーデとしては、ジャケットを持ってくるのもおすすめです。

 

ガウチョパンツを大人っぽく演出するならパンツ幅が細めのものにしましょう。すっきりコンパクトなデザインでゆるくないのでスッキリ着やせして見えます。足首を出すと大人の女性らしい印象になります。

 

カラーや丈によってもコーデの雰囲気を変えられますので、トレンドを入れたコーデもぜひ楽しんでみて下さいね。

 

ガウチョパンツに合わせる靴はどうする?

フルレングスのワイドパンツに比べて短い丈のガウチョパンツは、シューズや靴下のおしゃれが目立ちます。カラーやデザイン性のある靴を合わせて足もとコーデを楽しんでみて下さい。

 

ガウチョパンツを履いた時に足元は何を合わせたらいいのかというと、おすすめはパンプスです。簡単にキレイめコーデができます。

 

カジュアルファッションならスニーカーを。ショート丈のブーツも秋から冬など季節によって頻度の高いコーデになります。カジュアル派の場合、ヒールは低めのシューズを選ぶといいです。

 

まとめ:ガウチョパンツを着こなせたらお洒落上級者!

体型カバーにもなりお洒落上級者を演出できるのがガウチョパンツです。値段も手ごろなものから揃っていてデザインや色柄も豊富です。

 

キレイ目にもカジュアルにもコーデできるので1着あると活用度は高いです。アラフォーのおしゃれさんはガウチョパンツを手持ちアイテムにぜひ加えてみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました