結婚式参列者の40代親族に最適なコーディネートや服装マナー | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

結婚式参列者の40代親族に最適なコーディネートや服装マナー

結婚式のファッション フォーマルコーデ

40代のフォーマルドレスといっても、おばさんぽいものは着たくない。40代として大人のドレスを選びたいけど老けて見える服装は避けたい。

 

40代になって久々に出席する結婚式に、若い頃に着ていたフォーマルドレスを引っ張り出そうとしていませんか? 20代や30代前半までは結婚式に出席する機会が多い時期です。

 

しかし当時のドレスをそのまま着ると違和感があるかもしれません。20代や30代の頃と違い、可愛らしいものは恥ずかしいし体型も細く見せたいのが40代です。

 

でも大人の落ち着きのある服装をと考えると悩んでしまいます。40代女性の結婚式で親族として参列する場合どんな服装がぴったりなのか。結婚式のドレスの選び方やアクセサリー、コーディネートなどを紹介します。

40代の結婚式は親族参列者が多い

40代は友人関係での結婚式の参列が一段落し、親族から招待が増える時期です。40代女性の結婚式出席でとても多いのが親族として出席するケースです。

 

親族関係での参列では、留袖訪問着などが主流となる年代でもあり、気軽なゲストとしての参列というよりも立場を意識した服装が求められます。

 

そのため20代や30代に購入した手持ちの服では少し迷うこともあります。自身の娘や息子さんなら黒留袖で出席することが多いかもしれませんが、姪っ子や甥っ子の結婚式など親族の結婚式となると、洋装で出向くこともあります。

 

40代に合うフォーマルドレスは30代の頃とは少し違ってきますので、上品できちんと感を演出できるコーデがおすすめです。手持ちのドレスはシックで落ち着きのあるデザインが重宝します。

 

40代女性が親族として参列する場合のポイントは5つです。

  • 親族同士の顔合わせなのでフォーマル感重視。
  • マナーや着回し力で人気のカラーは紺。
  • きちんと感が出るジャケットがあると重宝する。
  • アクセサリーはパール。
  • ベージュのパンストを履く。

結婚式の40代服装マナー

親族の結婚式で親族席に座っていると結婚相手の両親に見られたりするので、華やかさよりもフォーマル感を意識した服装を心がけることが大切です。

 

気を付けたいのは上質で上品であることです。シックで落ち着きがある程よい体形カバーと、さりげない華やかさを出すようにしましょう。お辞儀することも多いので胸元の開きが少ないドレスを選ぶようにして下さい。

 

ドレスの場合、生地は薄すぎず安っぽくない上品な光沢のあるものを選びます。柄の入ったドレスはなるべく避けて、刺しゅう入りのものやシャンタン素材のドレスがおすすめです。

 

お祝い事の場なので、真っ黒のワンピースや地味なドレスで目立たないようにする必要はありません。華のない地味なコーデでお祝いの席に出向かなくても良いです。40代後半から50代ならスーツなどアンサンブルも良いです。

姉妹として参列する場合

ネイビーやブラックなど色合いのカクテルドレス、和装で参加する人も多いです。和装、洋装どちらも場合も髪はアップスタイルがおすすめです。

叔母として参列する場合

40代は甥っ子、姪っ子のケースがほとんどです。叔母の立場で参列する場合、新郎新婦の両親、兄弟姉妹より格上にならないようにします。

 

年上の立場として出席するので大人っぽさを意識したいものです。フォーマル感はおさえつつ、華やかさも意識した装いを心がけて下さい。準礼装や略礼装が一般的で、セレモニースーツがおすすめです。

 

甥や姪はそこまで近い親族ではないため、ドレスの色はあまり厳しくありません。ただ肌の露出が多くならないように気を付けて下さい。

いとことして参列する場合

兄弟姉妹に比べ比較的自由な服装でいいです。あまり細かく気にする必要はありません。親族席はどうしてもダークカラーが多いので、ベージュなど明るい色目もOKです。

 

結婚式の40代人気コーデ

写真撮影では明るい雰囲気が出るように、肌を露出しないデザインで上品な雰囲気になることに注意してドレスを選んで下さい。

 

着丈は膝丈で、カラーはネイビーのドレスや顔周りを明るく見せるベージュのドレスが人気です。

 

黒のフォーマルドレスを選ぶ場合、全身が黒っぽいスタイルではお葬式のイメージと重なるので、あまり喜ばれません。全身が黒一色になることは避けましょう。

 

ボレロやネックレス、バッグ、アクセサリーなどの小物類でバランスを取ります。ベージュやピンクの小物と合わせて少し明るくすると良いです。

結婚式のドレスには羽織りものを

結婚式では肩を露出しないのが基本です。肩の出るドレスやノースリーブのドレスには、ストールやボレロなどの羽織りものが必要です。

 

ストールは肩からずれてしまうことがありますが、ボレロならずれる心配がありません。ストールよりも袖付きのジャケットやボレロの方がフォーマル感が出ます。

 

落ち着いた色のドレスなら、全体が暗くならないようにベージュやシルバーの羽織がおすすめです。逆にベージュ系など淡いカラーのフォーマルドレスなら紺のボレロが上品です。

 

きちんと感を出すならジャケットなど袖付きの羽織りものを選びましょう。40代以上の親族はきちんと見えるジャケットタイプがおすすめです。装飾のないシンプルなデザインだと別の機会に着回しできます。

 

ジャケットは光沢のあるシャンタン素材や総レースドレスなど、華やかなドレスと相性が良いです。露出は抑え、上品さを重視して選んで下さい。

40代 結婚式のアクセサリー

親族席にはゲストの方も多く挨拶にこられるので、最低限のマナーは意識したいものです。マナーを心得た大人の着こなしが求められる40代女性は、小物の合わせ方にもコツが必要です。

 

シックなドレスを選ぶことが多い40代女性はアクセサリーで華やかさを演出しています。胸元ネックレスは本物志向のパールを選ぶ人が多いです。キラキラしすぎないシンプルな白パールがベストです。

 

揺れるピアスやイヤリングは家庭が揺れるなど縁起が良くないといわれていますが、必須マナーでないので大ぶりなものや目立ちすぎるものは控えるようにします。

 

バッグは革の素材や大きいサイズはNGとされています。パーティらしい小ぶりなものにしましょう。サブバッグがあると安心かもしれません。靴は5cm以上のヒール、ストッキングはベージュ色が基本です。

まとめ:40代の結婚式ドレスはフォーマル感を意識したい

40代女性が親族の結婚式で招待されたとき、上品なフォーマルスタイルを紹介しました。

 

親族の結婚式といっても様々な立場があります。姉妹、叔母として、ご主人の親族側としての参列というケースもあります。40代は華やかさよりもフォーマル感を意識した服装を心がけることが大切です。

 

大人のパーティドレス選びは上質感が肝心ですが、質の良いものを選ぶとお値段もはる点が悩みどころですね。

 

40代に人気なのは王道のエレガント系ドレスです。膝下まで緩やかに広がるAラインスカートが体型をすっきり綺麗に見せてくれます。

 

タイトルとURLをコピーしました