骨格診断ストレートとウェーブの違いが分かると似合う服が分かる | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

骨格診断ストレートとウェーブの違いが分かると似合う服が分かる

顔診断フレッシュタイプの特徴 ストレート

骨格診断でウェーブかストレートか迷った時はどこで判断すればいいの?

 

骨格診断をせっかく知ったのに、自分がどのタイプかわからない人も多いのではないですか。

 

骨格診断はプロに頼むとそれなりにお金がかかります。ポイントを押さえれば自分でもある程度判断はできるかもしれません。

 

骨格を知りたいあなたに自身で判断するポイントを紹介します。

骨格診断とは?

骨格診断とは、人間の骨格を3タイプに分けて似合うファッションを提案するツールです。人間には骨があって、その上に筋肉と脂肪をつけて成り立っています。

 

骨格には個人差があります。骨格が違うと筋肉のつき方や脂肪のつき方に差異が生まれるため、同じ人間であっても体型は様々で太り方にも特徴が出てきます。

 

その体型をラインの特徴とし、その特徴を活かせる洋服の形を導き出したのが骨格診断です。

 

もう一つ私たちの肌には質感があります。筋肉を感じるハリのある肌、脂肪を感じるソフトな肌、筋肉や脂肪により骨感が優先される質感の肌です。

 

これらの違いは似合う素材がそれぞれ違うことを意味しています。

 

骨格診断ではこれらの差異によって、導かれる似合うバランスのとり方や似合う素材、似合うファッションアイテムにより、無理なく垢抜けるイメージを知ることができます。

骨格ストレートとウェーブの特徴

ストレートの特徴

  • 上半身に重心がある
  • バストトップが高い
  • ヒップの位置が高い
  • ウエストの位置が高い
  • 首が短め
  • 童顔だったり丸顔の人が多い
  • 身体に対して手足が小さめ
  • 横から見たときにメリハリがある
  • 肌の質感はパーンと張った印象
  • 太る時は上半身から

 

質感は筋肉のハリです。ハリのある様子は光をはじく高級感にもつながります。高級感を感じる素材、凹凸を感じないスムースでフラットな生地、肉感的な部分をおさえて体のラインが整う厚みのある素材が得意です。

 

得意な素材:目の詰まったコットン、ハイゲージウール、厚みのあるサテン、シルク、カシミア、革
苦手な素材:ベロア、シフォン、モヘア、麻、ツイード、エナメル

 

ウェーブの特徴

  • 下半身に重心がある
  • バストトップが低め
  • ヒップの位置が低め
  • ウエストの位置が白衣
  • 首が長め
  • 鎖骨が華奢に出ている
  • 肌はふんわり柔らかい質感
  • お腹周りから太る
  • 体脂肪率が高め

 

ウェーブの質感は脂肪を感じさせる柔らかさで、女性的でソフトな印象を作ります。柔らかい素材、ストレッチの効いたもの、華奢な体を寂しく見せない空気感や軽さのある素材が得意です。

 

得意な素材:モヘア、アンゴラ、スフォン、エナメル、ベロア、柔らかいコットン
苦手な素材:麻、革、デニム、厚みのあるウール

 

骨格診断によって診断された服を着ると、このような効果があります。

  • 着痩せしてスタイルが良く見える
  • 無理なくおしゃれな感じになる
  • 自分らしさが引き立ち魅力がアップする

ストレートとウェーブに似合う服装

おすすめの見極め方は、実際に似合うアイテムから考えることです。

 

ストレートの骨格は、立体的でメリハリがあり肌もピンと弾力があります。カジュアルスタイルもシンプルが鉄則で、ふんわり可愛いというより女性らしく芯の強さがあります。

 

革などのハードな素材やハリのあるスカーフ、パリッとしたシャツが似合います。仕事ではテーラードジャケットやトレンチコートが定番です。

 

上質なものをきれいに着こなすシンプルリッチで益々女性らしさが引き立ちます。より女っぽく着こなしたいときは、カシュクールワンピースなどでジャストサイズにするのがおすすめです。

 

骨格ウェーブタイプは、ふんわりとソフトでフェミニンな雰囲気です。肌質も柔らかいのでふんわり柔らかな素材が似合います。

 

ハードな質感だと負けてしまうので、ふんわり優しい雰囲気が出せません。柔らかくソフトな素材やデザインでおしゃれを楽しむと良いです。

 

ウェーブはミニスカートやショートパンツが似合い、ふくらはぎ丈も得意です。パンツはサブリナやカプリタイプがおすすめです。

骨格による太り方の違い

ストレートはリンゴ型に対し、ウェーブは洋ナシ形に太るといわれています。

 

ストレートは胸からお腹周りにかけての脂肪がつきやすく、どっしり風格のある体型になります。ウェーブはお腹から太ももにかけての脂肪が目立つようになり、柔らかいぽっちゃり体形になります。

 

自信をもって着られる服はストレートはシンプルな定番アイテム、ウェーブはストレッチの効いた体にフィットするアイテムです。

あなたがストレートかもと思ったら

ユニクロには年間を通して同じ素材のものがあります。

 

フラットな素材はストレートに似合うので、エクストラファインウール、スーピマコットンTシャツなどでできたVネックの形が似合う方は、ストレートの可能性が高いです。

 

タイトスタートやストレートパンツでコーデし、シルエット全体がIライン(直線的、まっすぐなライン)にします。Iラインが寂しく感じない、むしろスタイリッシュですっきり見える、シュッとして見えればストレートの可能性が高いです。

あなたがウェーブかもと思ったら

ストレートに比べてウェーブは胸の厚みが少なく、ウエストが細くて長いです。腰が張っているのでウエストは細くくびれています。

 

ストレートとデコルテ周りに差がなくても、ここに違いがはっきり現れます。

 

トップスの丈の長いものはウエストが間延びするのでトップスの丈を長くおろしたり、短く折ったりしながら、上に目線を上げた方がスタイルアップするか検証してみます。

 

上に目線を上げるシルエットが似合う方はウェーブの可能性が高いです。

 

ふんわりしたシフォン素材のAラインスカート、足首が出るテーパードパンツなども目線を上げることに役立つので似合う傾向です。

 

Aラインのギャザースカートやタック入りパンツなど、腰回りにボリュームを出しても野暮ったくならないなら、決め手になります。

 

ストレートは直線的なシルエットが似合うのに対し、ウェーブは曲線的なふんわりした軽やかシルエットが似合います。

 

ウェーブはトップスの首元が開き過ぎると寂しくなります。クルーネックといった首元が開き過ぎないネックラインがおすすめです。

まとめ:自分の骨格が分かると似合う服が分かる

骨格診断のストレートとウェーブの違いについて紹介しました。

 

骨格タイプを知ることで得た知識を自分のファッションに落としこみ、自信を持って選ぶことができるようになるには、自分が納得することが何より大事です。

 

どんなスタイルと相性が良いか分からなくなったときは、まず骨格タイプのセルフチェックをしてみて下さい。そしてどんどん色んな服装にチャレンジしてみるのが一番です。

 

あなたが骨格診断ストレートかウェーブかで悩むことがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました