骨格診断ストレートで太っている人の着痩せするスタイルとは? | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

骨格診断ストレートで太っている人の着痩せするスタイルとは?

頬骨が高い悩み ストレート

持って生まれた骨格や筋肉のつき方で似合う服が変わってくることを知っていましたか? 自分の骨格を知り、本当に似合う服を見つけるのが骨格診断です。

 

ほとんどの人がぽっちゃりしてると足が太いなどの体型をカバーしてくれる服を選びがちですが、骨格診断は太ってる、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。

 

おしゃれの流行も大事ですが、一番気になるのはスタイルを良く見せることです。骨格診断ストレートタイプの特徴や太っている人が着痩せして見えるコーデ、NGファッションについて紹介します。

骨格診断ストレートで太っている人が着痩せするコツ

骨格ストレートの特徴は、

  • 肌にハリがある
  • 身長に比べて手足が小さい
  • 手首は厚く幅は細い
  • 筋肉が付きやすい
  • 身体に厚みがあり上半身に重心がある
  • 鎖骨は目立たない人が多い
  • ウエストから腰骨までの距離が短い
  • 立体的なボデイなのでグラマラスなイメージ
  • ふくらはぎに筋肉があり骨が細いので足首が目立つ

 

ストレートの身体的特徴は、立体的で身体に厚みがあり弾力のある質感の方が多いです。全身のバランスは上半身にボリュームがあり、膝下がすらりとスッキリしています。

 

アンダーバストが非常に立体的でバストトップやヒップの位置が高くボリュームがあるので、グラマラスなメリハリボデイの女性が多いです。

 

細身の人でも華奢な印象にはならなく、はつらつとした健康美を感じさせます。筋肉がつきやすいため、身体や肌に弾力があるハリ感があります。

 

ストレートの有名人は、芸能人でいうと米倉涼子さん、藤原紀香さん、長澤まさみさんが代表的です。まるで欧米人のようなメリハリのある肉感的なボディです。太っているわけではないですが、あまり華奢な印象ではないですよね。

 

骨格ストレートの場合、気になる部分は隠さない方がすっきり見えます。厚みが出るようなアイテムだと着太りして見えるので、胸元や腰回りがシンプルですっきりしたものを選ぶことがスタイルアップのコツです。

ストレートタイプの太り方

ストレートは太ると全体的に丸くなるのが典型的です。何だか最近二の腕や肩が丸くなってきたとか、背中がどうも厚くなってきた気がするという方が多いです。

 

上半身の肉のつき方がポイントで、リンゴ体型ともいわれています。反対に痩せても華奢な感じがせず、健康的な印象は同じです。

 

筋肉がしっかりあるタイプなので、外側から触ってもちょっと固めなのは、筋肉の壁に阻まれていてパーンと張ったように太るからです。

シルエットはIラインを意識

ストレートの着痩せするアイテムの選び方として、上半身はジャストサイズのものがおすすめです。VネックやUネックでデコルテを見せると、すっきりきれいになります。

 

パリッとしたシャツやジャストサイズのニットは、一枚で着るだけでも様になります。チュニックなどゆるふわ感、ドルマンスリーブ、オーバーサイズのものはかえって太って見えます。

 

下半身はIラインを意識するのがポイントです。タイトスタートなどピタッとしたものが似合います。

 

Iラインを意識したワンピースを着ると、それだけでほっそりして見えます。体重が変わってなくても、痩せた?と友人に言われるかもしれません。

ストレートに似合うファッションの特徴

骨格ストレートタイプに似合う服装の特徴は、

  • 上質、上品、シック、ベーシックなデザイン
  • 胸元やデコルテ、膝下を肌見せするデザイン
  • 引き算スタイル
  • 品質が良く長く使えるもの
  • ヘアスタイルはシンプル
  • ストレートヘアや1つ結び

 

素材は適度なハリ感と厚みがあるものが似合います。レーヨンのようなテロンとした素材だと、ボディの弾力に素材が負けてしまいます。

 

シルクやカシミアなど高級素材が似合うので、実は一番お金がかかるのがストレートなのです。

トップス

オーバーサイズではないベーシックなシャツや、シャープなVネックがおすすめです。シャツは上までボタンを締めず、首周りをすっきりさせて抜け感を出すのがポイントです。

 

女性らしいカッコよさを引き立てるジャケットをさらりと羽織ってみるのも良いでしょう。

ボトム

細い膝下やヒップラインを美しく見せるタイトスカートやストレートパンツなど、下半身をコンパクトにまとめるのがスタイルアップにつながるコツです。

 

質の良い素材感のタイトスカートや、マキシ丈のロングスカートが似合います。パンツは上質な素材感のテーパードパンツが体形をきれいに演出してくれます。

 

Aラインスカートでもハリのある素材やフレアでも落ち感のある素材にするとすっきり見えます。

 

ガウチョパンツは肉感を拾わないので体型カバーもできる優れものです。ふんわりしたスカートは下半身を膨張させてしまうので注意が必要です。

アウター

シンプルでハリのあるシャツやジャケット、トレンチコート、ウールコートが似合います。

靴は足をきれいに見せてくれるパンプスで女っぽさを高めます。ヒールを履いてIラインをプラスすると、レディライクで大人っぽくなります。

 

メンズっぽい靴ならトラッドなローファーでクラシックな雰囲気になります。

骨格ストレートのNGファッション

ストレートタイプが避けたい服装は、

  • 過度な装飾
  • ハイウエストにポイントがある服
  • 細身シルエットや生地が薄いもの
  • 太って見えるタートルネックやフレアスカート

 

上半身に厚みがあるので、首周りに抜け感のないタートルネックと下半身を隠してしまうフレアは、もったいない組み合わせです。

 

ストレートさんはバストがある方が多く、チュニックなどダボっとしたデザインの服は妊婦さんのように見えます。着太り防止のために、適度なフィット感を常に意識するのが着痩せするコツです。

まとめ:カッコいい女性を目指すのがあか抜けるポイント

骨格ストレートさんは、厚みを感じさせるグラマラスなシルエットが特徴です。

 

体全体が立体的で、どちらかというと腰の位置が高くて上重心、上向きのヒップとはっきりしたウエストラインでくびれが出やすい傾向にあります。

 

メリハリタイプでストレートパンツやタイトスカートなどIラインシルエットが似合います。

 

骨格診断で自身の体型タイプを知ることでファッションに活かし、似合って素敵に見えるコーデが見つかります。洋服のデザインや柄、素材といったものまで似合うものが分かります。

 

今までは似合わないと思っていたアイテムも実は似合うものだったりするので、骨格タイプが分かったら似合う洋服を選んでファッションを楽しんで下さい。

 

自分の体の特徴を知ったうえで、本当の細見えコーデを実践しましょう。骨格ストレートさんの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました