骨格ウェーブタイプにぴったりなアクセサリーのテイストとは? | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

骨格ウェーブタイプにぴったりなアクセサリーのテイストとは?

骨格ストレートに合うアクセサリー ウェーブ

骨格診断ウェーブタイプは平面的で線が細く下重心の特徴があり、ソフトでフェミニンな服が似合います。アクセサリーはどんなものをつければいいのでしょうか?

 

ネックレス、ピアスやイヤリング、ブレスレットなど、ウェーブタイプにぴったりなアクセサリーについて紹介します。

 

骨格ウェーブのあなたに似合うアクセサリーは、2つの条件に合ったものです。愛らしく華やかな雰囲気のものや、女性らしく繊細で華奢なものを選べば間違いありません。

骨格ウェーブタイプに似合うアクセサリー

まずは骨格ウェーブの骨格をチェックしてみましょう。

  • 上半身に比べて下半身が太い
  • 筋肉が付きにくく落ちやすい
  • 首が長め
  • 二の腕が細い
  • バストの位置が低い、もしくは胸板が厚い
  • 脚が短く見えがち

 

ウェーブタイプは装飾にボリュームがあり華やかに見せるスタイルが似合いますが、アクセサリーは逆に小さめを選んで下さい。

 

個性的なアクセサリーや大き目なものではウェーブのフェミニン、キュート、エレガントといったイメージに合いません。

 

ウェーブさんがアクセサリーを選ぶポイントはこの5つです。

  • 繊細で細く華奢なもの
  • 小さくて愛らしいもの
  • キラキラしているもの
  • 半貴石
  • 装飾的なもの

 

身体が華奢なウェーブさんは、小さめサイズの半貴石や淡水パール、繊細なチェーンなどフェミニンな印象のものを選んで下さい。

半貴石

アメジスト、トルマリン、トルコ石など、硬度が低く美しさの際立つ鉱物や有機物を指します。あまり研磨されていなくて色や形も柔らかいので、繊細なものが似合うウェーブタイプ向けです。

淡水パール、コットンパール

淡水パールはその名の通り、湖や川などの淡水で育つ貝から生まれたものです。以前は淡水パールというと安価で粗悪なイメージが強かったようですが、現在は技術の向上もあり立派で美しい淡水パールが生産されています。

 

カラー、形状のバリエが豊富なことからアクセサリーの素材として多く取り入れられています。

 

コットンパールはコットンを球体に圧縮し、表面に塗装などのパール加工を施した構造真珠のひとつです。コットン素材のため非常に軽く、安価であることや、ナチュラルな風合いなどの特徴がありネックレスやブレスレット、ピアスなどが人気です。

 

淡水パールやコットンパールは小ぶりで可愛らしい雰囲気があり、ウェーブタイプを華やかに見せてくれます。パールサイズの目安としては8㎜以下のものがベストです。

繊細なプラチナ、ゴールド

繊細なアクセサリーが似合うウェーブタイプは、重ね付けして繊細さを強調しても素敵です。胸元できらりと光るものは目線が上に行きます。

 

あながた足し算コーデを目指すなら、上重心になるようにアクセリーを使うと良いですよ。

 

マットなブロンズやハードなシルバーよりもキラキラゴールドやホワイトゴールド、ピンクゴールド、プラチナが似合います。

揺れるピアス、イヤリング

ピアスやイヤリングは、ウェーブの華奢な骨格に合わせて小ぶりなものを選ぶと良いです。耳元で繊細に揺れる雰囲気がよく似合います。

 

小さなパーツや石が集まったタイプもおすすめです。大ぶりなものならビーズや花びらのパーツ、レースや布の軽やかなものはベストです。

繊細なブレスレット

華奢なデザインが細い手首に馴染むので、細いチェーンタイプを選びましょう。揺れる細めのチェーンブレスレットやビーズのパーツなら重くなりません。

 

クリスタルや小さなパールといった小さなパーツがついたものは、手元を華やかにしてくれます。

 

バングルはなるべく細めできらっとしたものが似合います。太めバングルや直線的なイメージのものは避け、柔らかく動く細いタイプがおすすめです。

ウェーブに合うネックレスの長さ

デコルテに立体感を足すネックレスは、ウェーブのマストアイテムです。細めネックレスで胸元を開けて見たり、シンプルトップスに合わせたり、ネックレス1本でぐっと華やかになります。

 

ネックレスはあまり深く考えずに身につけることが多いかもしれませんが、骨格タイプによって気になる体形をカバーしてくれる長さがあります。

 

ウェーブタイプは華奢なデコルテをカバーし、上重心に見せてくれる短めの長さのもので、40~55㎝前後のものを選べば間違いありません。

 

デコルテにかかる41㎝前後、やや長めの54cm程度がベストです。短くつけたりスカーフを巻いたり、もう1本短めのものを足してカバーするのもおすすめです。

 

小ぶりでキラキラしたものが似合うので、小さめのパールやビジュー、パーツが集まったものを選び、2連3連と重ねづけして胸元を華やかにするのも良いです。

 

ウェーブタイプは下重心なのでロングネックレスはバランスが悪くなります。もし長めのネックレスをつけたい場合、デザインが繊細なものであればOKです。大ぶりなものでもデザインが繊細なものにしましょう。

フォーマルの装い

細かく繊細なパーツのアクセサリーできちんと感を出すにはどうすればいいのでしょうか?

 

ウェーブさんがアクセサリーにボリュームを出したいときは、重ねづけがおすすめです。かしこまった場所では小さめパールを短めに2連重ねづけしてみてください。

 

繊細なところや女性らしさを引き立てつつ、きちんと感を演出できます。正式な場面でも使えるアクセサリーがあると便利です。

まとめ:華やか・繊細・華奢なアクセサリーなら間違いなし

骨格ウェーブさんにぴったりなアクセサリーを紹介しました。

 

ウェーブタイプは小さくて繊細な雰囲気のアクセサリーが似合います。宝石でいえば小粒のパールやガーネット、アメジストなど、パールやビジューの集合体、ふんわり揺れるデザインなども女性らしさが際立ちます。

 

ネックレスは短めで繊細なチェーン、ペンダントトップは小ぶりなものなど、上重心にしてくれるアクセサリーを上手に使い、素敵なコーデをして下さいね。骨格ウェーブさんの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました