40代の低身長コーデ・150~155㎝の技ありファッション | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

40代の低身長コーデ・150~155㎝の技ありファッション

骨格ナチュラルの着やせ法 レディースファッション

身長が150センチ台の女性は、ファッション誌のコーデをそのままでは着れないので、切実な悩みを抱えていませんか?

 

背が低い人にとって参考にならないのがモデルのコーディネートです。同じファッションでも高身長の人が着るのと低身長の人が着るのとでは、見た目が全く違うからです。

 

低身長の人は背を高く見せたい一心で、少し大きめの服を選びがちですが、バランスが悪くなってしまうので気をつけましょう。まずは鏡で見て自分の体型を知り、理解することが大切です。

 

身長が150~155センチの女性が悩みを抱えやすいファッションをうまく着こなすコツを紹介します。

身長150センチ・低身長のメリット

背が低いとコンプレックスに思いがちですが、悪い事ばかりではありません。背が低いと可愛く見えるので男子受けがいいし、背が高い女子は低い女子を羨ましく思っていることが多いです。

 

お洒落な服を着ても何だかパッとしなかったり、自分に似合わないかなと思うことがあれば、それはあなたのコーデが似合っていないかもしれません。

 

今までどこかイマイチになっていたコーデも、自分に合ったコーデや服の選び方を把握すれば安心です。低身長の女性が意識したい着こなしのポイントは3つです。

  • 顔周りに小物を活用する
  • 縦のラインを意識する
  • ハイウエストのボトムを上手に着こなす

 

背が低くてもファッションの力を借りれば、今より背を高く見せるのは簡単です。ファッションのアイテムや着こなし次第です。

身長150センチ・技ありコーデのポイント

ファッションのポイントを上半身に持ってくる

背が低い人がファッションで気をつけたいのは、重心を下にもっていかないことです。首周りにボリュームを持たせるようにすると良いです。

 

自分を見る人の目線を上に持ってくるようにしましょう。つまり、ファッションのポイントを上半身に持ってくるというわけです。

 

例えば顔周りにストールやスカーフを巻くと、目線を上に持ってくるだけでなく小顔効果も絶大です。顔が小さく見えるというのは、その分頭身が高く見えるという事です。

 

5頭身より6頭身の方が背が高く見えます。なので背を高く見せるのに効果的です。大ぶりなデザインのイヤリングやピアスも同じ効果があります。

 

冬の時期なら、首周りにマフラーやストールなどをアクセントにすることで、他人から見たときの目線が上にいき、スタイルアップに効果あります。

 

ファッションの色で気を付けたいのは、全身同じようなカラーでコーデするよりは、明るめの色をトップスに持ってくると良いです。

縦のラインを意識する

低身長の女性は、ビッグアウターやビッグニットなどボリュームのあるものを選ぶと、服に着られている感が出てしまいます。なるべく細身で丈も短めのアウターを着るのが、バランス良く見せるためには欠かせません。

 

低身長さんにとって大切なのは縦のラインを意識することです。分かりやすいのはストライプの服や、タイトスカートなどです。

 

すらっとしたスタイルに見せてくれるストライプは、Iラインが強調されるので視覚効果で背が低い印象を感じさせません。

 

パンツはセンタープレスやタックが入っているものを選ぶと、縦ラインが強調されます。縦長効果が強調でき、スラっとした印象になります。

 

流行りのロングカーデを着たい場合、ずっしりとした素材よりもさらっと羽織れる軽めの素材を選びましょう。インナーとボトムを同系色のカラーでワンピース風に見せると、Iラインが強調されるのでおすすめです。

ボトムはウエストの位置を高めに

ボトムはハイウエストを上手に着こなすといいでしょう。脚長効果もあるハイウエストのアイテムは、低身長女子にぴったりです。スカートもパンツも積極的にウエストインにします。

 

スカートは、ただ履くだけではおしゃれに見えないことがあるので要注意です。ハイウエストのデザインのミモレ丈や、ロング丈のスカートを履くとき、意識すべき点は何といってもバランスです。

 

ウエストは高めにしてハイウエストにするだけで、メリハリがつきます。

 

スカートの長さはミニかロング丈が良いと言われています。ミモレ丈のような中途半端な丈のスカートは、身長が小さく見えてしまいます。

 

そのため上半身に明るめカラーを入れたりコンパクトなトップスにしたりするなど、着こなしに工夫が必要です。

デニムはロールアップですっきり

デニムはクロップド丈でくるぶしを露出することで、メリハリが出ます。ロールアップしたりするとスッキリした印象に仕上がります。

 

ただし太い幅でロールアップすると短足に見えます。脚長効果を狙うなら、ボトムの裾は幅を小さくロールアップすると良いです。ボーイフレンドデニムの場合は細身タイプがおすすめです。

手っ取り早いのはヒールの高い靴

簡単に背を高く見せたいなら、ヒールの高いパンプスが手っ取り早いです。5センチどころか見た目10センチは高く見せられます。

 

とはいっても7センチ以上になると足が辛くなってしまうので、自分の足に合った痛くないヒールを探してみて下さい。

 

脚長効果のある靴はポインテッドトゥです。ヒールなしのフラットシューズでも、尖がり靴はラウンドよりも足が長く見えます。甲の部分が広く開いているものポイントです。

 

ボトムスの同じ色の靴にすると脚長効果がありますが、違う色でも靴の形に注意すればOKです。

155センチの女性に似合う服

小花柄

155㎝の女性がもっとスタイルアップさせたい場合、小花柄を着るのがおすすめです。ただし大きい花柄、インパクトの強いものは控えた方が良いです。特にボトムの場合は小花柄がきれいに見えます。

トップに明るい色

オールブラックコーデや暗い色で統一する時は、顔周りに近いやや高めの位置に、明るめのスカーフなど小物を持ってくると、他人からの目線が上にいくのでスタイルが良く見えます。

アウターを着る場合

基本的にはショート丈のコートがおすすめですが、ロング丈のトレンチコートも着てみたいですよね。そんな時はインナーの着こなしを工夫してみて下さい。

 

トップスはショート丈にするか、またはボトムにインにします。なるべくハイウエストにするか、または高い位置にベルトをしてウエストマークすると、素敵な着こなしになります。

 

カーデやジャケットなどを着る場合も同じです。アウターの中に着る服はコンパクトにおさめるようにするのがコツです。

スカート

150㎝台の小柄さんだからこそ、スカートも楽しみたいですよね。

 

マキシ丈を履く場合、トップスは小ぶりでシンプルなものを選び、ウエストは高めにハイウエストで着こなすのがポイントです。シャツインか高めの位置でトップスを縛るのもいいし、ベルトもおすすめです。

 

流行なのに着こなしが難しいのがミモレ丈です。膝下スカートはバランスを取るのが大事なので、スタイルアップさせるにはトップスはインにして、ハイウエストで履くのがおすすめです。

ワンピース

ワンピースやドレスを着る場合、背が低い人は膝丈かもしくは膝上を選ぶと良いでしょう。細めのベルトを使い、高い位置でウエストマークするとより一層素敵です。

 

衿はVネックならスタイルが良く見えます。

ネックレス

ベーシックなコーデだとバランスが取れない場合、長めのネックレスでIラインを作るとスタイルが良く見えます。バッグは大きめより小さめのものを選ぶのがポイントです。

低身長女子のNGファッション

ボリュームのある服

ふんわりブラウスにAラインスカートのような組み合わせにすると、横ラインが強調されて余計に背が低く見えてしまいます。ダボっとした服やボリュームのある服を着るときは要注意です。

大きな柄

大きな柄は服も大きく見えるので、服に着られている感が倍増されます。水玉もチェックも花柄も、できるだけ小さいものを選びましょう。

横ボーダー

ボーダーは可愛いし何でも合うし使いやすいですが、背が小さい人は要注意です。人気のボーダーを着たい時は、細い幅のストライプを意識して選ぶと良いでしょう。

 

横ラインが強調されるので、線の細いボーダーがおすすめです。

まとめ:スタイルをいかに良く見せるかは、服選びがとても重要

背が低いのは、本人にとってはコンプレックスや悩みになりがちですが、背が低いからこそ着こなせるファッションはたくさんありますし、コーデで背を高く見せることもできます。

 

スタイルをいかに良く見せるか、それはやっぱり服選びがポイントです。自分のサイズに合うものを選んでコツをつかむと、面白いくらいにおしゃれに見えるはずです。

 

ファッションは女性の味方です。背が低くても女性は思いっきりおしゃれを楽しんでくださいね。低身長さんの悩みがなくなることを願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました