パーソナルカラー オータムに似合う服・大人の魅力を上げるコーデ | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

パーソナルカラー オータムに似合う服・大人の魅力を上げるコーデ

ニナリッチのブランドイメージ パーソナルカラー

パーソナルカラーが秋タイプと分かっているけど、実際にどんなコーデにしたらいいか分からないという方は多いのではないですか?

 

瞳の色や肌に色など生まれ持った色によって、異なる個人に似合う色をパーソナルカラーといいます。自分に似合う色を見つけるパーソナルカラーは、赤が似合う、緑が似合うという簡単なものではありません。

 

パーソナルカラーの通りに色を身につければおしゃれになるというわけではありませんが、指針となるものがあるとアイテム選びが楽になり、おしゃれがもっと楽しくなります。

 

メイクやヘアカラーだけでなくファッションにパーソナルカラーを活かしてみませんか。パーソナルカラーの特徴をはじめ、秋冬の時期のカラーが似合うオータムカラーさんに似合うファッションを紹介します。

パーソナルカラーとは?

持って生まれたボディカラー(肌の色、瞳の色髪の色など)を元に個人に似合う色を診断する手法です。

 

人それぞれ個性が違うように似合う色もそれぞれ違います。似合う色を見つける診断の事をパーソナルカラーと呼んでいます。似合う色が分かればより美しく見せたり、健康的に生き生きと見せたりすることができます。

 

さらにしっかりとした印象や清潔感のある印象、好感度の印象を作り出すこともできます。

 

パーソナルカラーはピンクが似合う、青が似合うを診断するものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うのかを診断するものです。

 

ピンクにはベビーピンク、ピーチピンク、サーモンピンク、フーシャピンク、ローズピンクなどがあり、どのピンクがきれいに見せるかを診断します。

 

一度パーソナルカラーを知ったら年齢とともに変化することは基本的にありません。例外として海外に移住して極端に日焼けしたり、日焼けサロンに通ったりすると似合う色が変わることはあります。

 

自身のパーソナルカラーを知ることで、生涯にわたり色使いに悩まなくて良くなります。人生を効果的に変えていくこともできるというわけです。

 

全ての色は、

色味:イエローベースかブルーベースか
明度:色の明るさの度合い
彩度:色の鮮やかなの度合い
清濁:色の濁りの度合い

 

これらの属性の組み合わせに応じて成り立ちます。この属性を少しずつ変えていくと、人によって似合う色になったり似合わない色になったりします。

 

同じ赤でも鮮やかな赤が似合う人もいれば、くすんだ赤が似合う人もいるというわけです。似合う色、つまりパーソナルカラーの傾向を4つのグループに分けたものが一般的に知られています。

 

スプリング(春)、サマー(夏)、オータム(秋)、ウインター(冬)という分類方法は聞き覚えのある方もいるでしょう。

関連記事

パーソナルカラーのメリット

パーソナルカラーでコーデすると色彩の調和がとれることにより、好感度が高くなります。

 

肌表面:艶やか、滑らかに見える
肌色:健康的に明るく見える
肌トラブル:クマ、しわなどが目立たない
フェイスライン:すっきり引き締まって見える
顔の立体感:奥行きが出て立体的に見え小顔に見える
アイライン:アイフレームが強調される
まつげ:長く見える
黒目:黒目が黒く、大きく見える。または黒目と白目のコントラストがはっきりする
着痩せ効果:全身パーソナルカラーでコーデすると縦のラインが強調され着痩せ効果

 

パーソナルカラーを知ることで、

  • 結果として買い物の失敗がなくなる
  • 第一印象が良くなる
  • 自分の個性や長所を知ることで自信がつく

合わない色を身につけるデメリット

パーソナルカラーがNGカラーだと、

肌表面:乾燥したように見える
肌色:青白く見えたり黄くすみして見える
肌トラブル:クマしわなどが目立つ
フェイスライン:膨張して見える
顔の立体感:平面的な顔立ちに見える
アイライン:変化なし
まつげ:変化なし
黒目:変化なし
着痩せ効果:視線が途切れ痩せ効果は得られない

 

パーソナルカラーを知らないと結果として、

  • 厚化粧に見える
  • 顔色が悪く見える
  • 肌がくすみぼんやりした印象に見える
  • クマが目立ちつかれているように見える
  • シミやしわが強調され
  • 実年齢より老けた印象を与える

 

パーソナルカラーが分かっていないと、自分に合わないカラーでメイクしたり洋服を合わせてしまったりすることもあるかもしれません。

 

相手にマイナスイメージを与える可能性があることを考えると、自分に似合う色というのは把握しておいた方が良いのではないでしょうか。

パーソナルカラー・オータムのイメージ

落ち着いていてシックな印象の方が多く、穏やかで大人っぽい雰囲気を持っているのが特徴です。黄みを帯びたイエローベースのくすみのない明るい肌を持ち、黄味が強めの肌で色が白い人も色素が濃い人もいます。

 

肌の赤みは出にくく、ややマットでシルキーな肌の質感。瞳の色がソフトブラックやブラウン系で深く澄んだ色合いです。

 

秋になり赤く染まる紅葉や実る果実、野菜などが色の深みを増していく季節を連想させる、強くこっくりした色が似合います。

パーソナルカラー オータムの芸能人

秋カラーの芸能人は北川景子さん、安室奈美恵さん、竹内結子さん、加藤綾子さん、内田有紀さんなどです。

 

親しみやすくナチュラルな雰囲気の方から、ゴージャスでリッチな大人の雰囲気の方まで様々ですね。全体的には可愛らしい雰囲気より、大人っぽい雰囲気の方が多いのが特徴です。

 

顔の特徴
髪 ダークブラウンからブラックに近い、深い茶色の髪色
肌 象牙のようなやや冷たい質感。イエベ・春と比べるとやや濃い肌色をしている
目 ダークブラウン系の色。目の印象は強く、白目と黒目のコントラストはやや弱め
頬 赤くなりにくく、オレンジ系のチークが似合う
唇 色味はオレンジ系。人によりくすみがかっている

オータムかわからない時は

スプリングと迷ったら、春のカラーを合わせて見ると顔映りは悪くないが、顔立ちがのっぺりして見える。

 

サマーと迷ったら、夏カラーを合わせて見ると顔色が悪くなり、寝不足のようなどんよりした印象になる。

 

ウインターと迷ったら、冬カラーを合わせて見ると色と顔がなじまず、チグハグで落ち着かない印象になる。

パーソナルカラー・オータムに似合う色

パーソナルカラーオータムに似合う色はどんな特徴があるのかというと、イエベカラーの中でも重厚感のある暗い色、濃い色が良く似合います。

 

色の三属性でいうと、

暗い(明度が低い)
暖かい(色相が黄みがかっている)
穏やか(彩度が低め)

これらが特徴で秋らしいお洒落な色です。

 

色のイメージは、秋に収穫される野菜や穀物のこっくりした色、枯れ葉や紅葉の深みのある色合い、大地や苔のアースカラーなど。おいしそうで深みのある秋の実りの色合いが中心で、似合う色も色素の温かさや深さがカギです。

 

秋の自然で見るような深い緑、イエローマスタードのような黄色、レンガやパンプキンなどのオレンジ系や、ブラウン、モスグリーン、レンガ色、辛子色、オリーブなど深みのある暖かな色が得意です。

オータムに似合わない色

黒、ネイビー、グレーが似合いにくいです。これらの3色はブルベの肌の定番カラーです。イエベのオータムが着ると、顔色が悪く見えてしまいます。

 

色素が薄い人はこの3色が苦手な場合が多いので、顔周りは避けてボトムやアウターで取り入れるようにしましょう。

 

青みが強い色やビビッドな色も苦手です。苦手な色を合わせると肌がくすんだりシミやしわが目立つ場合があるので、顔周りに使用する場合は注意が必要です。

 

黒は似合わない色なので、ツイードや麻などざっくりした素材のものや、黒地にブラウンやグリーンなどが混じった織地を選ぶと良いです。

 

秋タイプの苦手な色を取り入れる場合、顔からなるべく遠い位置に使用すると違和感なく合わせることができます。

パーソナルカラーの秋をファッションに活かすコツ

秋に着たくなるこっくりカラーや、柔らかく女性らしい色までトーンも様々です。シックでさりげないスタイルを得意とし、リッチでゴージャス、重厚感のあるスタイルも似合います。

 

秋のトレンドカラーのような深みのある落ち着いた色が似合い、肌色に合わせて洗練された大人の雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

 

休日はナチュラルな雰囲気の着こなしがぴったりです。サーモンピンクやオレンジレッドを主役にすると華やかな印象になります。

 

ビジネスシーンでは都会的なセンスの良さが感じられる着こなしを心がけると良いでしょう。

 

ブロンドに近い茶髪が似合うのはスプリングですが、ゴールドが似合うのはオータムです。オータムカラーはゴールドアイテムと相性抜群でゴージャスに見えます。

 

せっかくなら大ぶりのゴールドアクセサリーを目立たせてみて下さい。ネックレスやピアス、イヤリングをつけるだけで魅力的になり印象がかなり良くなります。

普段はイエベ同士のコーデ

普段使いでおすすめなのが、すっきり馴染むイエベ同士のコーデです。イエベは春と秋です。

 

この組み合わせなら自然にしっくり馴染み、外さないコーデです。秋はイエベ同士のコーデの組み合わせがおすすめです。

イエベとブルベで格上げコーデ

よりお洒落を格上げしたい日は、あえてイエベとブルベの組み合わせをしてみましょう。秋と夏、秋と冬といった色をかけ合わせたコーデです。

 

イエベの中に少しブルベが入るだけで雰囲気ががらりと変わるので、絶妙なニュアンスが生まれます。

 

秋タイプの人は冬タイプの代表である黒が苦手です。秋タイプのカラーでまとめたコーデに黒を少し入れると引き締める効果が加わり、ニュアンスの入ったコーデを楽しめます。

 

このときトップスは自分お得意なシーズンにするのが基本です。顔周りは得意な色味を合わせ、ボトムや靴、バッグなどに自分とは異なるベースカラーを選び、配色で遊ぶと違和感なくまとまります。

まとめ:肌色に合わせて洗練された大人の雰囲気に仕上げる

イエベ・オータムのパーソナルカラーを使ったファッションや着こなしのポイントを紹介しました。

 

肌の色は一人ひとり異なるので、似合う色や似合わない色も様々です。自分に似合う色を知っておくことは、似合う着こなしを見つけるうえでとても重要です。

 

あなたも落ち着いたオータムカラーをうまく取り入れて、お洒落を楽しんで下さい。イエベ・オータムさんの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました