ブルベ夏に似合う服・パーソナルカラーをコーデに活かすコツ | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

ブルベ夏に似合う服・パーソナルカラーをコーデに活かすコツ

ブランドニナリッチのイメージ写真 パーソナルカラー

色を選ぶのが難しいと思っている方や、似合う色がなかなか見つからないと悩んでいる方にとって、パーソナルカラーはおしゃれをするための方向性を指し示す道しるべになります。

 

同じ日本人でも一見違いが無いよう見えて、実は一人一人が微妙に異なった色をしています。似合う色、似合わない色も一人一人異なるというのがパーソナルカラーの理論です。

 

パーソナルカラーの通りに色を身につければおしゃれになるというわけではないですが、指針となるものがあるとアイテム選びが楽になり、おしゃれがもっと楽しくなるはずです。

 

今までよりも自信を持ってアイテムを選べるようになり、納得のいく買い物ができるようになります。パーソナルカラーの特徴や、ブルベース・サマー、夏の色をファッションに活かすコツについて紹介します。

パーソナルカラーとは?

人それぞれ個性が違うように似合う色もそれぞれ違います。似合う色を見つける診断の事をパーソナルカラーと呼んでいます。

 

持って生まれたボディカラー(肌の色、瞳の色髪の色など)を元に、個人に似合う色を診断する手法です。

 

似合う色が分かればより美しく見せたり、健康的に生き生きと見せたりすることができます。さらにしっかりとした印象や清潔感のある印象、好感度の印象を作り出すこともできます。

 

パーソナルカラーはピンクが似合う、青が似合うを診断するものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うのかを診断します。

 

ピンクにはベビーピンク、ピーチピンク、サーモンピンク、フーシャピンク、ローズピンクなどがあり、どのピンクがきれいに見せるかを診断するのです。

 

一度パーソナルカラーを知ったら、年齢とともに変化することは基本的にありません。例外として海外に移住して極端に日焼けしたり、日焼けサロンに通ったりすると似合う色が変わることはあります。

 

自身のパーソナルカラーを知ることで、生涯にわたり色使いに悩まなくて良くなります。人生を効果的に変えていくこともできるのです。

 

全ての色は、

色味:イエローベースかブルーベースか
明度:色の明るさの度合い
彩度:色の鮮やかなの度合い
清濁:色の濁りの度合い

 

これらの属性の組み合わせに応じて成り立ちます。この属性を少しずつ変えていくと、人によって似合う色になったり似合わない色になったりします。

 

同じ赤でも鮮やかな赤が似合う人もいれば、くすんだ赤が似合う人もいるというわけです。似合う色、つまりパーソナルカラーの傾向を4つのグループに分けたものが一般的に知られています。

 

スプリング(春)、サマー(夏)、オータム(秋)、ウインター(冬)という分類方法は聞き覚えのある方もいるでしょう。

関連記事

パーソナルカラーのメリット

パーソナルカラーでコーデすると色彩の調和がとれることにより、好感度が高くなります。

 

肌表面: 艶やか、滑らかに見える
肌色: 健康的に明るく見える
肌トラブル: クマ、しわなどが目立たない
フェイスライン: すっきり引き締まって見える
顔の立体感: 奥行きが出て立体的に見え小顔に見える
アイライン: アイフレームが強調される
まつげ: 長く見える
黒目: 黒目が黒く大きく見える。または黒目と白目のコントラストがはっきりする
着痩せ効果: 全身パーソナルカラーでコーデすると縦のラインが強調されて着痩せ効果

 

パーソナルカラーを知ることで、

  • 結果として買い物の失敗がなくなる
  • 第一印象が良くなる
  • 自分の個性や長所を知ることで自信がつく

合わない色を身につけるデメリット

パーソナルカラーがNGカラーだと、

肌表面: 乾燥したように見える
肌色: 青白く見えたり黄くすみして見える
肌トラブル: クマしわなどが目立つ
フェイスライン: 膨張して見える
顔の立体感: 平面的な顔立ちに見える
アイライン: 変化なし
まつげ: 変化なし
黒目: 変化なし
着痩せ効果: 視線が途切れて痩せ効果は得られない

 

パーソナルカラーを知らないと、結果として

  • 厚化粧に見える
  • 顔色が悪く見える
  • 肌がくすみぼんやりした印象に見える
  • クマが目立つので疲れているように見える
  • シミやしわが強調されて実年齢より老けた印象を与える

 

パーソナルカラーが分かっていないと、自分に合わないカラーでメイクしたり洋服を合わせてしまったりすることがあるかもしれません。

 

相手にマイナスイメージを与える可能性があることを考えると、自分に似合う色というのは把握しておいた方が良いのではないでしょうか。

ブルベ夏の有名人

ブルベースは夏タイプと冬タイプに分かれていて、肌の色がピンク系や青みのある人です。寒色系のカラーが似合い、優しい印象になります。唇がピンクベージュっぽく、瞳の色が柔らかい黒のような色味の持ち主です。

 

ブルベ夏さんはブルーベースで青みを帯び、透明感のあるきめ細やかな肌を持っています。優しい印象の方が多く、上品でエレガントな雰囲気が魅力です。

 

有名人では綾瀬はるかさん、黒木瞳さん、井川遥さん、広末涼子さん、蒼井優さんなどです。日本人女性で一番多いタイプだといわれています。

 

サマーの持つ上品でエレガントなイメージを活かしてみましょう。女性らしいエレガントなファッションで、ソフトなグラデーション配色が似合います。

 

顔の特徴

髪 色が強すぎずソフトな暗い髪
肌 ノーメイクのときやや青白い印象。肌が薄く透き通った肌
目 ソフトな黒色。白目とのコントラストが柔らかい
頬 黄味のない赤みを帯びた色。すぐに赤くなりやすい人が多い。
唇 やや青白く、くすみがかったローズ系のピンク色

夏・サマータイプかわからない時

スプリングと迷う時:春のカラーを合わせて見ると顔全体が黄色くくすみ、肌の色ムラが目立つ。顔のラインが膨張して見える。

 

オータムと迷う時:秋のカラーを合わせると、目の下のクマが目立ち顔全体が暗く見える。

 

ウインターと迷う時:同じブルーベースなので一番迷いやすい。冬のカラーを合わせると顔が色に負けてしまい、色だけ悪目立ちする。

ブルベ夏さんのファッションに似合う色、似合わない色

ブルベ夏の肌は繊細なピンク色で、初夏のように爽やかで涼しげな印象があります。穏やかで上品カラーが似合い、イメージとしてはエレガント、ノーブル、シンプルなコーデが似合います。

 

明度彩度の高くないカラーを合わせても地味にならず、淡い色味でのグラデ配色が似合います。色合いは崩し過ぎず、優雅できちんとした夏の印象を与えるコーデがおすすめです。

 

グレイが少し混ざったようなマラカイトグリーンや、スカイブルーなど、優しく涼しげな色をエレガントに着こなせます。スモーキーで淡いパステルカラーが多いので、アクセントカラーを取り入れるのもポイントです。

 

その反面シックで落ち着いたカラーは苦手です。ワイルドやラフなテイストはイメージとちぐはぐな印象を与えます。くすんだブルーベースのカラーが似合いますが、黄味が強い色や鮮やかな色、極端に淡い色は苦手です。

 

苦手な色を合わせると、肌がくすんだりシミやクマが目立つ場合があり、顔周りに使用する場合は注意して下さい。好きな色を着たい、流行色を取り入れたい場合、顔周りを避けてボトムに取り入れたり分量を少なくしてみるといいでしょう。

 

イエローベースが得意なオレンジは夏タイプは苦手です。取り入れたい場合、パステルオレンジやシャーベットオレンジなど淡い色合いにすると派手になりません。アクセントカラーとして使用できます。

 

黒も難しい色です。ブルベ・冬タイプが一番似合うので、夏タイプが黒を合わせる場合、柔らかい素材のアイテムを選ぶと良いです。

ブルベ夏のパーソナルカラーをファッションに活かす方法

パーソナルカラーは、自分が持つ肌や髪の色をベースにしてそれを引き立てる色のグループです。顔周りに近い部分の色を整えるだけで、肌の映り方や光の反射は変わってきます。

 

自分の季節のカラーの巻き物は一つ持っていると便利です。スカーフやストール、ショールは難しいという場合、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを得意な色にすると素敵です。

顔周りは似合う色

顔周りに似合う色を持ってくるのがポイントです。似合う色味は肌の色ツヤをきれいに見せ、表情まで明るく生き生きと見せてくれます。

 

この効果を存分に発揮させるためにも、顔周りの色使いは気を配りましょう。トップスやアクセリーなどフェイスライン周辺は、自分が一番得意な色を合わせて下さい。

普段はブルベ同士のコーデ

普段使いでおすすめなのが、すっきり馴染むブルベ同士のコーデです。ブルベは夏と冬です。

 

この組み合わせなら自然にしっくり馴染み、外さないコーデです。夏と冬はブルベ同士の組み合わせがおすすめです。

イエベとブルベのミックスでコーデの格上げ

よりお洒落を格上げしたい日は、あえてイエベとブルベの組み合わせをしてみましょう。春と夏、春と冬といった色をかけ合わせたコーデです。

 

イエベの中に少しブルベ、ブルベの中に少しイエベが入るだけで雰囲気ががらりと変わり、絶妙なニュアンスが生まれます。

 

例えば夏タイプの人は冬タイプの代表である黒が苦手です。そこで夏タイプのカラーでまとめたコーデに黒を少し入れてみましょう。優しげな雰囲気に引き締める効果が加わります。

 

トップスは自分の得意なカラーにするのが基本です。顔周りは得意な色味にし、ボトムや靴、バッグなどに自分とは異なるカラーを選び、配色で遊ぶと違和感なくまとまります。

苦手な色は小物かボトム

夏タイプが苦手な色をコーデする場合、顔からなるべく遠い位置に使用し、面積は小さくすると合わせやすくなります。ボトムで取り入れても良いですが、小物に取り入れる方が難易度が低く手軽に楽しめます。

まとめ:得意な色や苦手な色の組み合わせも自由自在

パーソナルカラーの特徴やメリット、ブルベ夏のファッションへの活かし方について紹介しました。

 

私たちの肌の色は一人ひとり異なるように、似合う色、似合わない色も千差万別です。自分に似合う色を知っておくことは、似合う着こなしを見つける上でとても重要です。

 

得意な色や苦手な色の組み合わせも上手に着こなせるようになります。少しの工夫で毎日のおしゃれが楽にスムーズに変わるので、ぜひ試してみて下さい。

 

ブルベ夏さんの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました