顔診断ソフトエレガントの芸能人や似合うファッションの傾向 | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

顔診断ソフトエレガントの芸能人や似合うファッションの傾向

コーディネートを考える女性 顔タイプ診断

顔のパーツを計測して8タイプに分けて似合うファッションを知る顔分析理論は、子供顔か大人顔、直線タイプか曲線タイプかで分けています。

 

顔診断「ソフトエレガント」は、大人顔×直線と曲線の両方を併せ持つタイプです。印象はソフト、優しい、上品なイメージ。芸能人では女優の吉高由里子さんや松嶋菜々子さんなどです。

 

ソフトエレガントとエレガントの違いや、ソフトエレガントの顔に似合うファッションの傾向について紹介します。

顔タイプ診断ソフトエレガント芸能人

顔診断ソフトエレガントの特徴は、

大人顔 パーツが普通(大き目、立体的、求心、縦に顔の長さを感じるなど)
曲線(顔に骨を感じず丸みがある、目が丸いなど)
直線(顔に骨を感じる、目が切れ長など)

 

他人から持たれやすい印象:繊細、優し気、ソフト、上品、女性らしい、まじめ

 

ソフトエレガントの方は上品、ソフト、優しいという印象になります。日本人に多く、まじめで信頼される雰囲気の方が多いです。

 

似合うテイストはソフトエレガント系やノーブルなコンサバ系で、基本的に上品でキレイめ優しい服が似合います。芸能人でいうと女優の吉高由里子さんや松嶋菜々子さんなどです。

 

吉高由里子さんは、4月16日からの新ドラマ「わたし、定時で帰ります」主演しています。直線的なパーツと曲線的なパーツがミックスした大人タイプです。

 

松嶋菜々子さんは、同じく4月から始まったNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、主役である広瀬すずさんの母親役を演じています。

 

大人顔なので落ち着いた印象を持たれます。顔のパーツが小さめだったり普通で特に派手ではないことから、優しげでソフトな印象も加わります。悩みとしては大人しくまじめに見られることです。

他の顔タイプはこちらにまとめました。

ソフトエレガントとエレガントの違いとは?

大人顔に属するソフトエレガントとエレガント。同じ直線と曲線を併せ持つ顔タイプですが、その違いはどこにあるのでしょうか?

 

この2つの顔タイプは特徴がほぼ同じで、大人顔で曲線と直線がミックスしています。ただパーツの大きさに違いがあることが大きな特徴です。

 

つまり、目鼻立ちの大きさの差です。エレガントは顔のパーツが大きく目鼻立ちがはっきりしている分、強さがあります。

 

ソフトエレガントは大人顔でもパーツの大きさは小さめ~普通なので、その分ソフトで柔らか印象になります。これは自己診断ではなかなか難しいかもしれません。

 

例えば自分は目が小さいと思っていたけど、実際に計測してもらうと標準くらいの大きさだったとか。丸顔だと思っていたけど卵型だったとか。自分では全く分からないものです。

 

これは誰にも当てはまります。他人から見た自分と人から見た自分は、往々にして違うことがあります。エレガントタイプは、より目が大きくて目力が強いです。

 

自己診断で大人タイプで直線と曲線も併せ持つ顔タイプだったら、女優さんで誰に似ているかが判断のカギになってきます。例ええば私はソフトエレガントで骨格がナチュラルです。この2つが同じ綾瀬はるかさんに似ているかなと思っています。

 

ソフトエレガントとエレガントに共通しているのはしっとりした大人の色気です。本来持っている上品さや繊細さを際立たせるためにも、柄物やゴテゴテしたデザイン物は避け、シンプルでコンサバティブな服装が魅力です。

ソフトエレガントの顔に似合う服

ソフトエレガントの顔の特徴としては、大人顔、直線、曲線のミックスです。大人顔なので落ち着いて見られることも多いです。似合う服は大人顔、直線&曲線ミックスの2点がポイントになります。

 

大人顔なので基本的にはカジュアルよりもキレイめな服が似合います。直線と曲線を併せ持つタイプですが、人によって度合いが違うので、どちらが多いかによって似合う服にも幅があります。

 

大人顔で直線と曲線の両方があるタイプは、どちらの要素が大きいのかにより個人差があります。

 

  • 曲線が多いとフェミニン直線が多いとクール
  • カジュアルにしたいならフレッシュ
  • 華やかにしたいならエレガント

 

真ん中にある顔タイプだからこそ、なりたいイメージに合わせてアレンジしやすい魅力もあります。

 

直線寄りの方はクールに近い服、曲線寄りの方はフェミニンに近い服も似合います。ポイントは自身の直線と曲線の度合いを見極めることです。ただ基本的には直線と曲線のミックスが似合います。

 

悩みがあるとしたら、大人しく見られたリまじめに見えてしまうので、ファッションに少しハリ感やコントラストを取り入れてみると、華やかさがプラスされます。

 

カジュアルにしたいときはフレッシュを目指すコーデがおすすめです。私はカジュアルにしたいので、フレッシュを意識すればいいということですね。

 

自分の顔診断の結果が必ずしも好みではない時は、メイクや小物などでなりたい自分のイメージに近づけていくことができます。髪形もあまりもりもりせず、ストレートでシンプルにするとより魅力が際立ちます。

顔診断 ソフトエレガントにおすすめのファッション

似合う服はシンプルデザインのトップスで基本的にシンプルなデザインが良いです。曲線と直線の両方を持つ顔なのでブラウスとシャツどっちも似合います。

 

Tシャツ、ニットも首元のカットはUネックやVネックでもOKです。しかしデコラティブなデザインは顔が負けてしまい、過剰なフリルも似合いません。

 

上品なボトムで着丈やシルエットが上品なものであれば良いです。ワンピースやスカートは短い丈は避け、落ち着いた丈感がおすすめです。

 

パンツはセンタープレスの入ったきれいめのものが得意です。ダメージ加工やルーズなシルエットのデニムなどは、カジュアル感が強くて似合いません。

 

大人顔タイプは、上品でキレイめな格好をベースにすると良いです。繊細で上品で美しさを活かすために、デコラティブで派手なものや個性的なものは避けた方が良いかもしれません。

 

ソフトエレガントのタイプは、シンプルで流行に左右されないコンサバティブは似合うので、シフォンなど柔らかな素材で女性らしさをキープさせ、寂しく見えるときは色や柄、小物でアクセントをつけましょう。

顔診断ソフトエレガントに合うメイク

ソフトエレガントは上品で優しい雰囲気なので、淡い色を丁寧に重ねていくようなメイクがおすすめです。色はアイシャドウはブラウン、ピンク、パープルなどで口紅はピンクベージュなどが似合います。

 

アイシャドウの締めの色は濃過ぎないように、綺麗なグラデーションカラーが素敵です。

まとめ:顔タイプを知ると本当の自分の魅力に気づく

ソフトエレガントはフェミニンほど甘くなく(フェミニンより直線が多い)、クールより優しい(クールより曲線が多い)です。基本は大人顔なのでカジュアルが苦手でキレイ目が得意です。

 

顔タイプを知って自分をプロデュースするのと、知らずにプロデュースするのとではなりたい自分に近づく速度も違います。自分の顔タイプを知るのは本当の自分の魅力に気づくことです。あとはより磨いて輝けばいいんです。

 

顔診断ソフトエレガントさんの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました