季節に合った40代女性の服装はファッションの色合わせがコツ | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

季節に合った40代女性の服装はファッションの色合わせがコツ

高身長女性に似合う服 色の合わせ方

「頭の中で完璧なコーデを組み立てたのにいざ着てみると似合わなかった」「クローゼットの中身は充実してるのに、いつも同じコーデになってしまう」

 

このようにファッションコーデが思ったようにできなくて悩んでいる人は意外と多いです。自分にとって本当に必要な服をどのようにして選んでいけばいいのでしょうか?

 

コーデがうまくいかないのは、もしかすると色の組み合わせが原因かもしれません。今までのコーデがしっくりこなくなったら、色の組み合わせを考えてみませんか。

 

40代女性がお洒落なコーデを作るためにも、季節に合った配色テクニックをおさえておきましょう。

冬に合う洋服の色組み合わせ

冬はコートを着るからと適当なインナーを組み合わせていませんか。コートの裾や襟元から見えるので油断できません。

 

冬ファッションは春夏に比べると、色の組み合わせがワンパターンになりがちです。冬は紺や黒、グレーなど暗めな色の服が多いので、もっといろいろなカラーに挑戦してみましょう。

 

冬は異素材ミックスもしやすく、冬ならではの色使いができます。簡単だけどお洒落に見える色の組み合わせを知っておくとコーデしやすいです。

パステルカラー×ベーシックカラー

冬のパステルカラーコーデは大人っぽく仕上げます。ピンク×白、黒など、ベーシックカラーを合わせてパステルカラーを強調すれば失敗しません。

赤×黒、グレー

ダークな服が多い冬は気分を変えて、華やかな色を入れてみて下さい。ただし組み合わせを間違うとただ派手なだけなので、他のアイテムはベーシック―カラーでまとめるのがポイントです。

イエロー×黒

季節を問わず合わせやすい配色です。

冬のワントーンは素材を変える

レイヤードが増える冬にやりやすいのが、ワントーンコーデです。でも同じ色を合わせればOKというわけではありません。トーンは一緒でもアイテムの素材を変えることで、あか抜けて見えます。

アクセントカラー

シンプルコーデの時物に足りないと思ったら、アクセントカラーをプラスして下さい。ゴールドやシルバーは合わない色がほぼない優秀カラーです。小物なら取り入れやすいです。

 

春に合う洋服の色組み合わせ

季節ごとに合う色として、春のカラーは白やピンク、グリーン、イエローなど明るくキレイめな色、パステルカラーです。ここ最近は全体的にパステル系や明るく透明感のある色が流行の兆しです。

 

ラベンダーやパステルピンク、ペールブルー、ミントグリーン、サックスブルーなど女性らしいパステルカラー、ペールカラーが注目されています。春らしい明るい色や柄の服なら軽やかに楽しい雰囲気になりますね。

夏に合う洋服の色組み合わせ

春のカラーより色味を強くした感じが夏カラーです。どこか一つに鮮やかなカラーを入れるだけで印象がガラッと変わります。

 

夏らしさをイメージする代表的な色は紺や白、ブルーなど爽やかな色、オレンジや派手なイエローなど明るく華やかな色、ライトトーン、ブライトトーン、ビビッドトーンです。

 

ただし鮮やかなカラーのアイテムは着こなしが難しい気がします。どこか一つにカラーのアイテムを入れ、他はシンプルなカラーとデザインのものを選ぶようにしましょう。印象が変わるのでぜひチャレンジしてみて下さい。

日焼けしやすい洋服の色

夏は特に日差しの強い季節です。日焼けしにくい色を選ぶとしたらトップスを黒にしましょう。黒は紫外線を吸収する色であり白は紫外線を跳ね返す色です。

 

日傘の場合は逆です。黒い傘だと紫外線を傘の中に吸収してしまいます。理想は白い傘で紫外線を跳ね返し、黒い服で体には反射させないという組み合わせです。

 

また素材によっても違います。麻や綿などの素材は紫外線を通しやすく、レーヨンやポリエステルは紫外線を通しにくいです。つまり黒や紺などの濃い色めにし、素材はレーヨンやポリエステルが日焼けしにくい洋服です。

秋に合う洋服の色組み合わせ

パステルで爽やかな色目だった春夏から、深みのある色合いに変えるだけで、ぐっと秋っぽいスタイルを作ることができます。

 

秋にふさわしいのは、ブラウンやグレーなど落ち着いた色やボルドー、マスタード、パープルなど渋めの色味、チェック柄、ダークトーン、グレイッシュトーンです。

 

コーデをぐっと秋らしくしてくれるのはブラウン系カラーです。肌馴染みの良いブラウンは色味によっても様々な印象のコーデに仕上げることができます。

ボルドー

エレガンスで華やかなイメージがあり、女性らしさが際立つ秋に人気のカラーです。

オレンジ

オレンジというとPOPで明るい原色系をイメージがしますが、くすんだ色合いの橙が人気です。ベージュやキャメルとも相性が良い感じです。深みのある色味は秋にぴったりです。

ダークグリーン

個性的な雰囲気も漂うのがダークグリーンです。グリーンとキャメルの組み合わせ、秋の定番コンビです。ベージュのスカートを合わせると可愛らしい雰囲気になります。

マスタード

キャメルとも似ているカラーなので、ベージュと合わせるのがおすすめです。秋っぽさ全開のこのカラーは、メインになるように着こなしてみて下さい。

レディース向けのオールシーズン着れる服

ファッションへの投資は惜しみたくないけど、できるだけコスパが良くおしゃれをしたい。それならオールシーズン使えるアイテムを賢く選んで着まわしましょう。

 

1年通して着られるアイテムはロングプリーツスカート、ジャンパースカート、花柄スカートの3つです。

ロングプリーツスカート

ロングプリーツスカートは季節を問わない素材が多く、カジュアルにもキレイ目にも使えます。重すぎない素材で、ブーツにもパンプスにも合わせられる丈がベストです。

 

夏はノースリーブと併せて、軽やかさを出したコーデがおすすめです。冬はロングカーデとロングスカートのコーデでも、パステルのボトムなら重くなりません。トップス次第でコーデの幅が広がります。

ジャンパースカート

ジャンパースカートはシャツや薄手ニットなどインナー次第で通年使えます。きちんと感があるので通勤にも使いやすいし、一枚でも重ね着でも着られます。

 

程よくハリのある素材は、きちんと感が出るので通勤もOKです。大人の女性ならVネックがおすすめです。夏はさらりと一枚で着てカーデをアクセントに。冬はニットと上品なコートでまとめてお嬢様風のコーデを楽しめます。

 

花柄スカート

いつでも大人気の花柄は、季節を問わない色使いがポイントです。夏は引き締めカラーを選んで甘すぎないコーデに。冬は重くなりがちなコーデを花柄で華やかさをプラスしてみて。

 

パステルカラー以外なら季節感が出にくい重くなりがちな秋冬も軽やかさをプラスできます。また花柄は好感度も高くオンとオフ活躍できます。

 

季節感を出さずにオールシーズン着まわすには、気候を選ばない素材を選ぶことがコツです。

まとめ:色の合わせ方が分かるとおしゃれが楽しくなる!

季節カラー別の女性ファッションコーデ、レディース向けオールシーズン着られる服について紹介しました。40代女性がお洒落なコーデを作るためにも、季節に合った配色テクニックをおさえておきましょう。

 

普段は着ないカラーコーデでも着てみると意外としっくりきたりするものです。おしゃれな人ほどいろいろなカラーに挑戦していますので、新鮮な配色にチャレンジしてみるのもアリです!

 

タイトルとURLをコピーしました