きつい顔が嫌でも改善できる!綺麗になる美人メイクで悩み解消 | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

きつい顔が嫌でも改善できる!綺麗になる美人メイクで悩み解消

頬骨が高い悩み 顔分析メイク

きつい顔の女性はあまり好かれないイメージがあり、それがコンプレックスになっている人もいるでしょう。

 

きつい顔の人はパーツがどうしてもしゅっとしているので、近寄りがたい雰囲気があります。話しかけられたら怒られるんじゃないかと思うほどのオーラがあり、苦手意識を持っている人もいます。

 

でもきつい顔の人には大きな強みがあります。ここではきつい顔の強み、きつい顔の美人芸能人、きつい顔を改善するコツ、優しく見せられる美人メイクについて紹介します。

きつい顔が嫌だけど強みはある?

初対面できつい顔の人に出会ったら、話しかけにくいと思われることが多いです。性格が明るく穏やかであったとしても、なかなか伝わらないものです。

 

きついと言われる人に共通することは、見た目がきつく見えてしまうから周囲の人から怖い人、近づきがたい人というイメージを持たれてしまうことがあります。

 

きつい顔の人は見た目が大人っぽく、印象としてもクールになりがちですが、エレガントでシックな雰囲気にもなります。大人の女性としての魅力が強いので、クールさを活かせば魅力を引き出せます。

 

カッコよくて強さを感じるのも強みです。女性が強くなってきた今、女性の強さを表現するのに最適な顔がきつい顔なのです。

 

きつい顔はカッコいいので、メイクによっては漫画の主人公のようになれるかもしれません。顔のパーツも整っているのでその印象は強いです。

 

人間は第一印象で相手を判断してしまうものですが、きつい顔の人はマイナスばかりの事ではありません。きつい顔の人の強みは美しい人が多いことが挙げられます。

きつい顔の美人芸能人

きつい顔の特徴として一番は目元です。目尻が上がってる、切れ長、眉毛が上がってる、もしくは細いなど。そういった印象は芸能人にとってはきつい顔が強みになっています。

 

芸能人でいうと特に女優さんは可愛いタイプより美人が多いです。どことなくクールで近寄りがたいイメージですが、それはデメリットではなく最大のチャームポイントになっています!

北川景子さん

北川景子さんは、キリっとしたイメージが強いです。役によってはかなり優しい顔になることもあります。ちょっときつめの顔ではありますが、メイクや髪型次第でどうにでもなります。

菜々緒さん

菜々緒さんはきつい顔立ちですが、バラエティーで話していて笑った時は、とても優しい顔を見せてくれます。そのギャップも魅力の一つです。

黒木メイサさん

黒木メイサさんは目がパッチリ二重ではないので、きつい顔の印象を受けることも多いです。それでも印象的な目力を持っている女優です!

柴咲コウさん

柴咲コウさんは目がツリ気味で大きいので、きつめの印象があります。それでも大きな目とバランスの整った顔立ちの美人女優です。

きつい顔を改善するコツ

顔のパーツに対し丸みを意識することで、優しい顔の印象に近づけることができます。

 

例えば眉毛を丸型にする、アイラインを目のラインの一番高い所にポイントがくるように丸さを重視してみるなどです。チークは頬の真ん中よりちょっと上に丸くのせていくと、強くなりすぎません。

きつい顔は髪型をふんわりする

ヘアスタイルを少し柔らかい印象にしてみるのもおすすめです。前髪をふんわり流してみたり、髪にレイヤーを入れて軽さを出したり、少しルーズなまとめ髪にしてみたりなどです。

 

また髪をブラウン系にヘアカラーしパーマ、ウエーブをかけることで柔らかい印象になります。

 

このように髪型も変えることでイメージが良くなり、可愛くやわらかな印象を与えることが可能です。

きつい顔に可愛い服をチョイ足しする

次は可愛い系アイテムのポイント使いです。クール系のデザインでも、淡い黄色やピンクなどの色使いにするとグッと華やかになります。

 

さらに少し見える部分にフリルやレース、花柄を取り入れてみて下さい。見える分量が少ないので違和感がないはずです。

 

他にはピンク系の小物を持つと可愛くまとまります。ピンクのポイント使いは簡単にできるので、おすすめです。

きつい顔の人はゆっくり話す

顔立ちがきつい感じの女性は、ぶっきらぼうで早口な話し方が多いかもしれません。だから冷たそう、きつそうな印象を持たれてしまう人も少なくありません。

 

そこで、ゆっくり話すことを心がけるようにすれば印象アップします。

きつい顔が綺麗になる美人メイク

きつい顔が嫌という人は、優しく見えるメイクのポイントを押さえてみましょう。きつい顔でも優しく見せることができます。

 

顔の印象を柔らかくするメイクのポイントを紹介します。

ナチュラルなベースメイク

ベースをナチュラルメイクにすることで、より自然な顔立ちになります。メイクが濃いと顔の圧力も強くなってしまいます。

 

そのため素肌に近づけつつ、血色感のあるメイクを目指すとより良い印象になります。

ぼかしメイク

ぼかしメイクは顔全体がふんわりしてきます。特に目元や口元、鼻など印象が強くなりやすい所に落とし込むことで、表情も柔らかくなっていきます。

ポイントメイクに暖色系カラー

アイシャドウはブルー、グレー系だとどうしてもきつくなりがちです。ブラウンやオレンジなどの暖色系にするとぼかしやすいし、優しい顔立ちになります。

リップはオレンジ系ピンク

肌により近い暖色系のオレンジピンクがおすすめです。唇の柔らかさを演出してくれ、ふんわりとしっとりした唇に見せてくれます。

 

リップは筆で塗ると潤いが生まれ、プルっとした触れたくなるような唇になります。

血色の良いチーク

血色の良いチークはクールからホットな印象になります。ピンクやレッド、オレンジなどのチークを軽くのせてみて下さい。顔も立体的になり優しい印象になります。

あなたのお顔を分析してみませんか?

人の印象を大きく占めているのは顔です。誰かを思い浮かべるとき、最初にその人の顔を思い浮かべますよね。

 

「自分の顔の魅力や強みを知りたい。」女性なら誰もが思うところではないでしょうか?

 

顔分析のメリットは、

  • 自分の長所を最大限に活かす方法が分かる
  • 周りからの好感度がアップする

 

自分をよく知っている女性は輝いて見えます。印象が良く周りからも愛されるようになります。

 

お化粧で悪戦苦闘していた昔が嘘のように、今ではメイクの時間が楽しくて仕方ありません。ぜひ「顔分析」を体験してみて下さい。

まとめ:外見をちょっと工夫するだけで印象が大きく変わる!

きつい顔は本人にとってはコンプレックスに感じてしまうかもしれません。

 

普通にしていても「怒っている?」と聞かれたり、第一印象が怖い、不機嫌そう、気が強そうと言われると優しい顔に憧れますよね。

 

今回紹介した優しく見えるポイントを押さえておけば、もうきつい顔だとは言われないはずです。メイクなどちょっと工夫するだけでも、大分印象は変わってくるはずです。

 

あなたの悩みがなくなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました