40代女性がスーツの着こなしで大人の品格を上げるテクニック | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

40代女性がスーツの着こなしで大人の品格を上げるテクニック

クールビューティな女性 スーツコーデ

ビジネススーツを着用しなくてはいけない職場はまだまだあります。スーツの着用を求められる職場は、社外のクライアントに接する機会も多いはずです。

 

自分の服装が自分自身の評価に直接つながるビジネスの場は、服装選びが重要です。きちんとした身だしなみは好印象を得られやすく、仕事の効率アップにも役立つ可能性が高いです。

 

レディースのビジネススーツは年代によっても違います。40代に合うレディーススーツを着用することで印象もアップします。

 

キャリアのある女性にとってスーツは欠かせないアイテムをもっと活躍させませんか? アラフォー女性にぴったりのスーツの選び方や着こなしなどについて紹介します。

できる女性が選ぶオフィスでのビジネススーツ

ビジネスの場で重要なのは、自分の服装から相手はどのような印象を持つかを常に意識することです。

 

たとえば「ファッションセンスが抜群でオシャレな女性」とオーソドックスなスーツを着崩すことなく正しく装う女性では、どちらが仕事のできる女性に見えるでしょうか?

 

ビジネスの場であればお洒落な装いが評価を下げることはあっても、プラスの評価に結び付くことはありません。

 

ビジネスの場ではおしゃれを楽しむファッションではなく、どのように着れば知性や教養があるように見えるか考えて選びます。スーツはビジネスに成功するための道具ととらえた方がよいでしょう。

 

毎日同じような格好のビジネススーツではなく、手入れされたビジネススーツで好感度を上げていきましょう。

 

アラフォー女性の正しいスーツの選び方

スーツを着た男性はいつも格好良く見えるけど女性も同じです。スーツをクールに着こなす40代女性って大人の魅力を感じませんか。

 

まず大事なことはスーツが自分のサイズに合っていることです。デザインや素材同様にサイズも重視します。スーツのジャケットはまず肩幅を合わせます。肩幅以外の部分は直しができるので、まずは肩幅を合わせましょう。

 

ウエストはボタンを締めたとき、手のひらが入るくらいの余裕があるようにします。あまりにもぴったりしているサイズだとシワが入ってしまいます。

 

スーツ姿の後ろ姿もチェックしましょう。意外と見られているところなのです。ウエストのくびれが美しいか、シワや線が入っていないかどうか確認してくださいね。

 

ビジネススーツ40代の着こなし

ずっと仕事を続けている女性の場合、40代にもなれば重要な判断を求められる局面も増えてくる年代です。

 

部下に不安を与えないような行動が求められ、動じない雰囲気を漂わせる必要性も高い時期だろうと思います。40代がビジネスの場でどのようなスーツを選び、着こなす必要があるでしょうか?

 

形はシングルボタンのテーラードジャケットで、膝が少し隠れる丈のスカートスーツが適しています。スカートはタイトかそれに近いシルエットが基本です。

 

シングルボタンのテーラードジャケットは、男性が着ているビジネススーツの基本で最もきちんとした信頼される服装といえます。

 

スカートスーツは女性の正式なスーツスタイルで、どのような相手からでも好感が得られます。スーツに合わせるスカートは、短すぎないタイトスカートが基本です。最近はやや広がってるフレアやAラインなども人気があります。

 

注意したいのはスカートの丈です。短いスカートは座った時にさらにスカート丈が短くなり、常識のない人と見られる可能性があります。スカート丈は小柄な人でも最低58㎝以上あると安心です。

 

素材はしわのなりにくいウールやウール混合、ポリウレタンが少し入ったストレッチ素材のものがおすすめです。上質なウールはしわになりにくいので年間を通して着用できます。光沢のある素材は高級感があります。

 

色は紺やグレーなどのダークカラーがオールマイティに着こなせます。ネイビーは知的でさわやかなイメージで、どんなシーンにも使いやすいです。明るく若々しい印象ながら落ち着いた雰囲気も演出してくれます。

 

グレーは落ち着いたイメージを与え、大人っぽく決めたいシーンにぴったりです。暗めのグレーだとビジネスライクな印象に、明るいグレーはよりカジュアルな印象になります。

 

アラフォー女性のパンツスーツ

スカートは苦手という女性が増え、パンツスタイルを好む人が増えてきました。私もパンツスーツは好きです。キリっと知的なイメージを作りたいなら、パンツスーツがおすすめです。

 

最近はパンツの種類が豊富です。パンツの長さは時代により流れがあり、近年は短めになっています。流行のくるぶしから5㎝ほど短めがおすすめです。

 

基本的なパンツの種類とカラー

パンツはテーパードとストレートのデザインがあり、どちらを選ぶかによって雰囲気が大きく変わります。

 

ビジネスの場合はストレートパンツが基本です。膝部分から裾に向けてまっすぐなラインのタイプでパンツの基本ともいえる形です。

 

テーラージャケットとストレートパンツのセットアップなら、シャープに着こなす王道のキャリアスタイルです。足長効果があり綺麗なシルエットを作れます。カッコいい女性を演出したい場合にぴったりです。

 

テーパードパンツは膝部分から裾に向けて細くなるデザインです。代表的なのがクロップドパンツです。ストレートパンツに比べてカジュアルな印象になります。

 

堅苦しいビジネススーツをあか抜けた雰囲気に変えてくれます。動きやすいスタイルなので外回りが多い仕事の方にもおすすめです。

 

パンツスーツの色柄はスカートスーツと同様で、ネイビーやグレーが基本です。華やかな女性特有の素材では白やベージュ、上級者にはキャメルもおすすめです。

 

ジャケットの基本

ジャケットの長さはボトムのバランスで決まります。ワイドパンツならジャケットの着丈は短めにしましょう。細めのパンツであればジャケットの着丈は長めが基本です。

 

両方にボリュームがあるとバランスが悪いからです。一般的にはヒップラインの一番高い部分まで長さがあるジャケットがおすすめです。

 

ジャケットの肩幅は近年は狭いのが主流です。肩パッドを薄いものにしたり肩幅を狭くして作る場合もあります。

 

ただタイトなデザインは主流ではないので、肩から袖がまっすぐ落ちるぐらいのサイズを選べば間違いありません。

 

まとめ:大人のスーツを着こなせる女性になろう

40代の女性がスーツの着こなしで大人の品格を上げるテクニックについて紹介しました。

 

自分の服装が自分自身の評価に直接つながるビジネスの場は、服装選びが重要です。きちんとした身だしなみは好印象を得られやすく、仕事の効率アップにも役立つ可能性が高いです。

 

職場の女性にとってスーツはまさに戦闘服です。大人のスーツを着こなせる女性になりたいものですね。

 

タイトルとURLをコピーしました