40代女性ビジネスファッションを格上げする着こなしとは? | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

40代女性ビジネスファッションを格上げする着こなしとは?

顔が暗いと言われるのが悩み レディースファッション

オフィスファッションというと、きちんとしたいかにもビジネスライクなスーツや会社で決められた制服という印象がありますが、もっと砕けたファッションでもOKの会社もあります。いわゆるオフィスカジュアルがOKな会社です。

 

カジュアルといってもあくまでオフィスファッションなので、カジュアルな中にもきちんと感は必要です。通勤服をコーデする時、きちんとした印象を与えるようキレイ目の着こなしを意識する事が大切です。

 

オフィスの雰囲気に合った、落ち着きのある40代女性のスタイルについて紹介します。

40代らしい大人女性の上品さが際立つ仕事コーデとは?

年代によって通勤服におすすめのアイテムコーディネートは違います。例えば20代の人が膝上丈のスカートを着ていれば若々しいと肯定的に捉えられますが、40代だと無理をしていると否定的に見られることがあります。

 

自分に似合うスタイルで着こなすテクニックが求められます。年齢が上がるほど体のラインをうまく隠しながら、アクセサリーなど小物を使いつつ服を格上げしていくのがおすすめです。

40代の老けて見えないビジネスファッションのポイント

基本的にシンプルなファッションがオフィスコーデです。派手な色を使ったり可愛すぎるデザインを取り入れるのはやめた方が無難です。

 

オフィスカジュアルファッションで注意したいのは、

  • 知的、落ち着き、大人っぽさを感じさせる
  • 客観的な目線で世代相応かチェック
  • マンネリしそうなときは程よい甘さも必要。甘いアイテムには辛口でバランスを取る。

 

上質な素材や形のアイテムを選び、年相応の落ち着きや品を感じさせるコーデを意識しましょう。

 

40代になると肌のくすみや体型が気になる年代なので、体のラインが出過ぎる服は避けます。顔周りに明るい色を加えるなど細かな工夫が必要です。見た目が若い印象であっても若作りはNGと心得ましょう。

アラフォー女性がオフィスコーデで欠かせないアイテムは白シャツ

通勤服のコーデがスムーズに進む組み合わせ方や、持っていると重宝するおすすめアイテムを紹介します。

 

顔周りを明るくするのは白いシャツです。やわらかな素材なら女性らしく、襟付きのパリッとした素材ならシャープな印象になります。

 

アラフォーになると背中にうっすら肉がついて丸くなってくる世代です。このように女の人の体は年齢と共に丸くなってくるのですがシャツはエッジが硬いアイテムです。

 

実は若くて余計な肉が付いていないシャープな体に硬い印象のシャツは合わなく、むしろ丸くなってきた体にこそ似合うアイテムです。

 

肩が落ちていて首回りもゆったりと着られるデザインで、さらに後ろに切り替えとタックが入っているものなら、背中のシルエットが大きく変わります。

 

アラフォー世代は背中に少しタックが入っているもので、身体を少し甘やかしてくれるようなゆったりしたシャツを選ぶようにするのがおすすめです。

 

襟のあたりにはきっちりした硬い印象もあるので、丁度いいバランスになります。年を重ねてゆったりしたシャツを着ると、女性らしさや柔らかさが出てくるようになります。

 

このようにトップスにはゆとりのあるブラウスや他にはニットなど薄手素材のものが合います。冷えるときは羽織として使えるカーディガンならさらにいいです。

 

パンツは足首が見える8分丈ほどのものが人気で通勤時に着こなしている方も多いです。足長効果を狙うなら、パンツはもちろんスカートにベルトでウエストマークすれば着回しがききます。

 

アクセサリーはパールのネックレス、ダイヤのピアスなどシンプルで上質なものをさりげなく取り入れてみるのも大人スタイルに合います。

 

これはNG

  1. 体のラインが出過ぎる服
  2. 首回りが大きく開いたトップス
  3. チープなアクセサリーの重ねづけ
  4. 手入れの行き届いていない靴

40代で好きな色が似合わなくなってきたらどうする?

仕事をしているとシンプルな着こなしが多くなりがちで、どうもおばさんっぽく見えてしまいます。

 

おすすめの配色は、

  • 薄いグレー、カーキ、紺色は上品で凛とした印象
  • ベージュ、カーキ、グレイティッシュブラウンはソフトな印象になり、近寄りやすそうで受けが良くなる配色
  • 紺とベージュは知的でソフトな印象。年齢問わずにお洒落に見える配色。

 

年を重ねるにつれて似合うようになる色が変わってくることがあります。たとえば昔からずっと好きな色があり、楽しくてウキウキして出かけられる色だったのに、ある日突然似合わなくなってしまったと思ったら?

 

まずはちょっと違う色味を試してみるといいです。人によっても違いますが、少しグレーがかったアンティーク調の色目が、年齢とともに似合うようになる傾向があります。

 

たとえばピンクが好きな人は少しくすんだピンクにしてみます。可憐で華やかなローズからビンテージのローズにしてみるのです。

 

20代の頃とずっと変わらない人なんて人はいません。似合わなくなる色が出てくるのは当然の事です。似合わなくなったと感じたら色の濃度を変えてみることをおすすめします。

 

まとめ:大人女性の仕事スタイルは体のラインを隠しつつ小物使いで格上げする

40代のビジネスファッションで、大人の女性ならではの着こなしポイントを紹介しました。

 

通勤服をコーデする時、きちんとした印象を与えるよう、キレイ目の着こなしを意識する事が大切です。自分に似合うスタイルで着こなすテクニックが求められます。

 

年齢が上がるほど体のラインをうまく隠しながら、アクセサリーなど小物を使いつつ服を格上げしていくのがおすすめです。オフィスの雰囲気に合う落ち着きのあるスタイルを目指していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました