卒業式と入学式を同じ服で着回し!40代のセレモニースーツ | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

卒業式と入学式を同じ服で着回し!40代のセレモニースーツ

式典のスーツを着まわすコツ 着回し術

大切な式典である卒業式・卒園式、入学式・入園式。3月、4月にお子さんの卒園式、卒業式、入学式などを控えた40代ママさんは、準備は済んでいますか。

 

お子さんの大切な節目だからこそ、やはりそれなりのきちんと服で迎えたいものです。ママさんはあくまで脇役ながら、素敵な装いで華を添えたいところではないでしょうか。

 

普段カジュアル派のママさんなら、スーツ選びは悩んでしまいますよね。一生に一度の大切なセレモニーの準備に役立つファッションについて考えてみませんか。

 

晴れの日にふさわしいママさんのスーツの選び方や着回し方について紹介します。

失敗しないセレモニースーツの選び方

子育てで毎日頑張っているママさんも、お子さんの大切な節目にはとびっきりのおしゃれでお子さんを祝福してあげたいですよね。

 

スーツを着る機会というと卒入学で、あとは七五三くらいです。そうなるとクローゼットに眠る手持ちの服で済ませようかと思っていませんか?

 

卒園式は紺や黒などのダークカラー、入学式にはベージュや白など明るめのスーツといった傾向があります。お手持ちのスーツを着まわしても良いですが、既にどちらかの色のものを持っていたら、逆の系統を新調するのも良いでしょう。

 

セレモニーで着ていきたいのは、目立ちすぎることなく程よい華やかさもあり、品があるものです。良妻賢母な品格をまとうことが理想です。

 

卒業式と入学式の服装にはマナーがありますので、この機会におさえておきましょう。

卒業式・卒園式の一般的な服装

卒園式はお祝いの式典であり、今までお世話になった先生方やお友達とのお別れであります。

 

参列する母親の服装は、式典にふさわしい上品で落ち着いたスーツが一般的です。ワンピースが定番ですが、スタイリッシュなパンツスタイルも良いです。

 

卒業式では黒、紺、グレーといったシックなカラーがおすすめです。様々な行事に着まわせるカラーは紺やグレーです。

 

感謝の気持ちを込める意味もあるので、黒や紺色の落ち着いた色合いで参列している人が多いです。

 

ただ黒にする場合は喪服のようにならないように気を付けて下さい。インナーは黒以外のカラーににしたり、ストッキングを肌色にするなどしてみて下さい。

入学式・入園式の一般的な服装

入学式は新し出会いや新生活の始まるという、希望や喜びにあふれたお祝いです。パステルカラーや白系で春らしく、華やかな服装をしている母親が多いです。

 

卒業式と入学式で同じ服を着回しする場合の、スーツ選び方について紹介します。

卒園式と入学式は同じ服でOK

40代のママさんが卒園式・卒業式と入園式・入学式に着ていくのは同じスーツでも問題ありません。

 

式典でのお祝いの席であり、あくまでも子供が主役です。ママさんの服はカジュアルすぎず派手過ぎないものを選びましょう。

卒業式・入学式を同じ服で着まわすポイント

服は素材や色、合わせる小物によってガラッと印象が変わります。卒園式と入学式で同じスーツを着まわすなら明るめのライトグレーがおすすめです。

 

卒業式・入学式兼用スーツ

 

1着持っていると卒業式や入学式はもちろんのこと、謝恩会、保護会、授業参観など着回ししやすいです。

 

明るめのグレーであれば、どんな色でも合わせやすいです。卒業式でも入学式でも、工夫すれば華やかにも落ち着いた感じにもなります。

 

例えば卒園式などでは黒のワンピースやスカートにしてみるといいです。入学式ではインナーを白のブラウスにし、明るめのコサージュやアクサセリーといった小物をプラスするだけで、全く違った印象になります。

 

濃い色目がいいという方はネイビーがおすすめです。一昔前は卒園式・卒業式はブラック系、入園式・入学式は明るいベージュ系というのが一般的でした。

 

どちらのシーンも合うカラーとしては、ネイビーもふさわしいです。古くから藍色で親しまれ、日本人の肌に合いやすい色合いです。

卒入式の小物はどうする?

アクセサリーはシンプルにパール系のネックレスが最適です。コサージュはスーツと同系色か明るめのカラーがおすすめです。

 

バッグは黒のフォーマルタイプが一般的ですが、明るめのベージュ系でもOKです。書類などが入る収納力のあるバッグが便利です。

 

ストッキングはベージュ系がおすすめです。肌寒い季節でもタイツを履くのはNGです。フォーマルなシーンにふさわしいものを着用してください。

40代のママさんにふさわしい卒入学スーツ

40代の母親というと、小学校、中学校の入学式から卒業式が中心の世代ですね。スーを選ぶコツとして、気になる二の腕をさりげなく隠してくれるデザインのものや、品のあるスカート丈などを選ぶのがポイントです。

 

まとめ:式典はいつもと違う上品な装いを楽しむチャンスです

普段スーツスタイルとは無縁の40代ママさんは、セレモニーの服装選びは一苦労だと思います。でもいつも着ない服装だからこそ、いつもとは違うおしゃれで品の良い装いを楽しむチャンスです。

 

卒園式も入学式も主役は子供ですから、母親はきちんと上品に装いたいものです。卒園式と入学式に同じ服を素敵に着回して素敵な日を迎えて下さいね。

 

今後はきちんとシーンが多く訪れることでしょう。それぞれのシーンであなたらしく着まわせる1着をぜひ見つけて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました