【40代体型別ファッション】胸が小さいガリガリ女性が似合う服 | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

【40代体型別ファッション】胸が小さいガリガリ女性が似合う服

アラフォー女性の救世主になるブログ コーディネートの悩み

メリハリのない体形から若く見られたり、好みの洋服を着こなせないなど、おしゃれの悩みが絶えない。色っぽさを出したくて首元を大きく開いたトップスを着れば、貧弱な胸が逆に目立ってしまう。

 

胸が小さいと、結局いつもありきたりなコーデでまとめてしまったりしていませんか?

 

小さい胸の方は痩せ型が多いです。痩せたいと思う女性が多い中、痩せ型なのはむしろプラスポイントなのです。コンプレックスばかりを気にせずに、チャームポイントに変えてオシャレを楽しみましょう。

 

選ぶ洋服やコーデを少し工夫することで、小さな胸が気にならなくなります。

小さな胸が得するスタイルは必ずある!

小さい胸って、ただそれだけでコンプレックスに思うものです。努力でどうにもならないものだからこそ自分を卑屈に感じてしまいがちですが、小さい胸ならではの魅力ってたくさんあるはずです。

 

特にファッションは大きな胸の人より小さい胸の人の方がずっと得するスタイルがあります。パリコレを見ると分かりますが胸があまりない人の方が多いですし、おしゃれはグラマーな人だけのものではありません。

 

スレンダーな人にはそれなりの美しさやおしゃれがあります。グラマラスな服が着にくいとしても、清楚な服はきっと着やすいはずです。

 

カップは盛り過ぎずにチョイ足しする程度にして、シンプルだけのほんの少し女性らしい服を選ぶのも良いです。大人の清楚な服を意識してみるといいでしょう。

 

姿勢も大事なポイントです。小胸さんはどうしても胸を見られたくなくて猫背にうつむきがちです。でも胸を張るようにしていると姿勢が良くなるので、スタイルも良く見られるようになります。

 

それだけに姿勢を意識するのも大切です。

小さな胸に似合うファッションはトップスが重要

トップスは小さい胸を上品に見せるために、薄手のものや柔らかい素材、光沢のあるもの、ボディにフィットしているものが似合います。トレンドなら盛り袖アイテムも上手に着こなせます。

 

トレンドアイテム・ボリュームのある盛り袖

ファッションの中で一番重要なのがトップスです。顔周りは一番影響するポイントなのです。似合うトップスを選んで上手に表現していきましょう。

 

最近は技ありトップスが主力で、袖にはフリルや大きな膨らみの付いた盛り袖が流行しています。

 

バストが大きい女性がバルーンスリーブのアイテムを着ると、横に大きく膨らんでいつも以上に太って見えてしまい、コーデの組み合わせが難しいアイテムです。

 

これらのトップスはすべて小胸さんに似合うアイテムです。

 

ボトムはスキニーを合わせてもいいし、ボリュームのあるワイドパンツを合わせても綺麗にすんなりまとまってしまいます。今年らしさやトレンドアイテムを試したい方にはもってこいです。

ボートネック

胸の谷間が見えるぐらいザック開いたデザインはNGです。貧弱さが際立ってしまいます。全方向に開いたデザインは避け、横方向や後ろに開いたデザインを選ぶと良いです。

 

小胸さんはデコルテラインをきれいに見せることができます。横幅が広く見えやすいボートネックラインのトップスは相性が良いです。

 

横方向にグイっと開いているボートネックは、バストが小さいと身幅がたっぷりなトップスでも横幅が広く見えないのが魅力です。

 

耳から首、肩に掛けてのラインがきれいに見え、前かがみになっても胸元が見えないので、着用している時のストレスもありません。

 

ボートネックのボーダーシャツは定番だけどとても似合います。

 

バストが小さいと骨格が華奢で細身の人が多く、その体型を活かすにはボトムをタイトスカートでIラインシルエットにするのがおすすめです。

 

ふわっと広がるスカートでコーデすれば上品に、パンツとコーデすれば大人カジュアルになります。パンツ派はジャガータイプのアンクルパンツで綺麗にまとめるといいでしょう。

リブニット

シンプルなジャストフィットサイズのリブニットも人気アイテムです。伸縮性がありボディにぴったりフィットする素材なので、二の腕が太い人、胸が大きい人はボデイラインが目立つので敬遠されがちなアイテムです。

 

反対に胸が小さいとこのぐらいボディにフィットしている方が服に着られている心配がなく、きれいに着こなせます。バストが大きい女性は着られないので、ぜひ堂々と着てみて下さい。

 

ボトムはデニムでシンプルに着こなしてみて下さい。

タートルネック

リブニットと同様に、ピタッとボディラインにフィットするタートルネックは、バストが大きい人だとラインが出過ぎて、逆に太って見えるデメリットがあります。

 

小さな胸さんはタートルネックをきれいに着こなせます。ボトムは女性らしさがたっぷりな甘めフレアースカートで大人可愛いを演出してみてもいいですね。

 

パンツ派はハイウエストのストレートデニムでカッコよい女性を演出してもいいし、ワイドパンツにヒールのパンプスで女性らしく着こなしてみてもいいでしょう。

フリルブラウス

バストが大きい人はフェミニンタイプが多いので、服も同じような甘めのフリルブラウスが似合うと思われがちです。しかし小胸さんの方がフリルブラウスが似合います。

 

バストラインが曲線的なラインより直線的なラインに近い人の方が、フリルデザインの本来の魅力を活かすことができるからです。

 

バストが大きいとフリルも横幅が広く変形しやすく、意外と似合わなかったりします。上品な色気を表現できるので、おすすめのアイテムです。

 

胸が小さいからこそ胸にボリュームがあるデザインがあっても太く見えないし、健康的に着こなすことができます。

とろみシャツ

風になびくと柔らかいジョーゼット素材のブラウスは、大人の女性に人気のアイテムです。数年前からずっと高い人気を保ち、定番化されつつあります。

 

体型を問わないアイテムですが、バストが小さい人の方がカッコよく着こなせます。

 

バストが大きい人は張りのあるしっかりした素材と相性が良いですが、胸が小さい人は逆に柔らかい素材や薄手の生地と相性が良いのでおすすめです。

抜き襟シャツ

抜き襟シャツは小さい胸の強い味方です。フロント側の開きが控えめになるように後ろにグイっと引き、うなじを見せるのがポイントです。

 

ゆったりしたデザインなので、胸の大小が分かりにくいというメリットもあります。ボトムスはタイトなシルエットになるようにコーデすれば、スタイルアップも期待できます。

ボトムスはハイウエストが似合う

トップスを薄手にしたら、ボトムはデニムなどの張りと立体感のあるものを選ぶことで、細く貧相な感じになりません。

 

胸のすぐ下の位置できゅっと引き締めてウエストラインを作ると、小さな胸がボリュームアップして見えます。さらに脚長効果も期待できます。

 

スリムなハイウエストのパンツは、ウエストのくびれとヒップの丸みがきれいに出ます。胸に自信がない人でも女性らしさをアピールできますよ。

ガリガリ小胸さんのNGファッション

ガリガリな小胸さんは、胸元に視線がくるデザインのトップスは極力避けるのが良いです。全身のバランスを見ながらコーデを考えてみて下さい。

 

また左右の胸の間をショルダー紐が通る斜め掛けバッグは両手が開いて楽ですが、ショルダーの紐に押されて胸の貧弱さが目立ってしまいます。

 

たくさん着る冬は目立たないので良いですが、薄着の季節は避けた方がいいでしょう。

 

ショルダーバッグを持つなら、片側の肩に掛けて持つのが正解です。大人っぽく見えますし、紐の横から押されて寄せ胸効果も期待できます。

 

ワンピースを選ぶ時も注意したいポイントがあります。ウエストにギャザーが入っていたり、ベルトでウエストをマークするデザインなら問題ありません。

 

気を付けたいのはストンとまっすぐ落ちるシルエットのワンピースです。肩から胸を通って下に落ちるラインが、貴重な胸の存在を消してしまいます。

 

女性らしいラインを出すためにも、ウエストの位置をしっかり見せることがポイントです。

まとめ:貧乳と諦めずに他の部分で女性らしさをアピールしよう

胸が小さいと着る洋服を選ぶのに悩むことも多いですが、胸が小さいからとお洒落を諦めてはもったいないです。小さいのを隠すのではなく、他の部分で女性らしさをアピールしましょう。

 

自分に似合うものを知っていれば悩みが一つ減ります。この機会にいつものワードローブを見直してみてはいかがですか?

 

胸に自信がないなら痩せ型のスラっとした体型を活かすファッションをしてもいいし、ふんわりしたデザインのトップスで女性らしいファッションにするのもおすすめです。

 

トップスとボトムス選びの組み合わせを意識しながら素敵なコーデを実現させて、ファッションを楽しんで下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました