【40代体型別ファッション】痩せ型や華奢な女性に似合う服 | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

【40代体型別ファッション】痩せ型や華奢な女性に似合う服

親しみやすい服装 コーディネートの悩み

痩せ型のあなたはスリムで羨ましいなんて周りから言われたりするけれど、実は貧相に見えて嫌と感じていませんか?

 

痩せているとどんな服でも着こなせるイメージがあります。でも実際は体のボリュームがない痩せ型は服に着られてしまうことが多く、何でも似合うというわけではありません。

 

痩せている人はぽっちゃり体型や大柄の人から見たら羨ましいかもしれませんが、おしゃれに関してはきれいに服を着こなせず、何を着ていいのか分からないと悩んでいるかもしれません。

 

痩せ型のあなたはスレンダーなスタイルを魅力的にしてくれるデザインの服を選ぶことで、セクシーな体型の人と同様に着こなすことができます。

痩せている人に似合う服とは?

40代以降では、痩せている感が目立ってしまうと貧相な印象になってしまい、老けて見られることがあります。

 

ファッション雑誌では着やせするコーデがよく見られますが、元々痩せている方はその逆をやればいいのです。

 

例えば洋服の色は白、赤、パステルなど明るい膨張色を着ることです。黒や青など引き締まった色を着てしまうと、細さが強調されてしまいます。

 

注意したいのは、細身の人はジャストサイズの服が良いということです。体型カバーのつもりで大きめサイズを選んでしまうと、ぶかぶか生地が余っているので痩せていることが強調されてしまいます。

 

きちんとサイズの合ったものを着る方がすっきりきれいに見えます。

 

痩せていないと似合わないファッションは、スキニージーンズです。痩せていてある程度身長がないと似合わないスタイルですが、少年体型の人が格好良く決まります。

 

ヒップの貧弱が気になる場合はロングカーディガンで隠すのも良いです。

細身の人はふんわり感を意識する

寂しい印象を防ぐためにも、意識的にふんわり感をプラスしてみて下さい。痩せ型の人は貧弱になりがちな上半身にボリュームを持たせるのがポイントです。

 

ダウンコートややフェイクファー、ボアなどボリュームのあるアウターや、ロングカーディガンなどで重ね着をするのもおすすめです。

トップスに重心を作る

トップスにボリュームを出して下半身をスリムにすると、全体のバランスが良くなります。

 

前面にフリルやドレープなど装飾のあるデザインのトップスがおすすめです。フリルブラウスは胸元にボリュームを持たせ、全体的にボリュームを出すことができます。

 

トレンドのフレアスリーブやラッフル付きなど、デザイン入りのトップスも似合います。

 

パフスリーブは肩の部分にボリュームが出るので、全体的なバランスが取れます。痩せ型だからこそきれいに見えるデザインです。

 

たっぷりしたドルマンスリーブのトップスも痩せ型に似合うデザインです。身体が大きいとボリュームが出てしまいますが、華奢な人が着るとスタイリッシュになります。

 

ただしサイズの大きなものは、かえってほっそりした体型を強調してしまうので、サイズ選びには注意しましょう。

生地に厚みやハリのあるもの

素材はキレイ目ではなくザックリ系を選びましょう。それだけでふっくらして見えるはずです。レーヨンなどろみのある生地では、華奢なラインが強調されてしまいます。

 

セーターなどは細かい網目のものではなく、太い毛糸で編んだ毛足の長いウール素材や厚手のニットなど、凹凸のあるもの選んで下さい。総レースも凹凸があるので良いです。

 

シャツはコットンのオックス生地やサテンなど、ハリや厚みのある素材のものを選ぶと良いです。型崩れしにくく体のラインが出にくいです。

色は温かみのある暖色

ピンク、オレンジ、赤など膨張色を着られるのは痩せ型さんのメリットです。そのものを膨張したように見せる効果があります。

 

さらに視覚の効果を利用してみましょう。黒より大きく見える白、ストライプよりボーダーです。柄の細いピンストライプは避け、着るなら太いボーダーです。小柄よりも大柄にするなど、柄を取り入れるファッションもおすすめです。

 

一方で収縮色と呼ばれるものは、そのものを小さく見せる効果があります。黒、緑、青、紫など暗めの色が当てはまります。

 

痩せさんは全身膨張色にすればいいというわけではなく、トップスは膨張色を選んだらボトムスは収縮色にするなど、ある程度メリハリを持たせることは大事です。

細身の人は丸首、タートル、ホルターネック

首周りのデザインは露出すると細さが際立ってしまいます。胸元が大きく開いたデコルテ見えのデザインでは、鎖骨があらわになります。

 

あまりに痩せた鎖骨では貧相に見えるので、ネックラインは隠す方がいいでしょう。

 

丸首、タートルネック、ハイネックならウエストから首までラインをきれいに作ることができます。丸首やタートルはデザインが豊富なので好きなものを選んで下さいね。

重ね着する

ガリガリさんにとって重ね着は重要です。自然な厚みを演出できて身体が大きく見えます。子供っぽくならないように、大人カジュアルになるようにコーデするのがポイントです。

 

例えばTシャツ1枚ではなく、シャツやパーカーを重ねたり、シャツにカーデを羽織るなどです。前ボタンは留めない方がふんわりするので体型カバーできます。

 

他にもレイヤードスタイルが細身の人に似合います。薄手のカットソーにタートルを2,3枚それぞれの色や形が見えるように組み合わせてみたり、パンツスタイルにスカートやワンピースを重ね着するスタイルです。

華奢な人はボリュームのあるスカート

痩せ型さんにはシンプルなアイテムよりもフリルやギャザー、プリーツなど、ボリュームのある加工のあるアイテムがおすすめです。

 

マキシワンピースは華奢な身体をふんわり優しい印象に与えてくれます。特に淡いトーンは大きく見える膨張色なので、痩せ型の方にはおすすめカラーです。

 

痩せ型の人の良いところはギャザーたっぷりでも、ボリュームが大きくなり過ぎないです。マキシ丈は足を出したくない人の体形カバーにもなります。

サロペットやオールインワン

すとんと落ちるサロペットやオールインワンは体のラインが出やすいです。その分太って見える危険性もあります。だからこそ華奢な体型にぴったりなのです。

ボリュームのあるアウター

寒い時期はボリュームのあるアウターが活躍します。フードの付いているコートは体の細さをごまかせます。ストールやマフラーなどを羽織るのも有効です。

痩せ型に似合わないNGファッション

痩せ型に似合わないのは、キャミソールやタンクトップなど露出が多いトップス、体のラインが出やすいストレートのシルエットです。上下ともにピタピタしたサイズ感のものはNGです。

 

シンプルなアイテムの上下コーデやVネック、Uネックを一枚で着る、また大ぶりな重厚感のあるアクセサリーは重たく見えてしまいバランスが悪いです。

 

また全身黒コーデは避けたほうが良いでしょう。収縮色はそのものを小さく見せてしまいます。

まとめ:自分をきれいに見せてくれる服は必ずある!

体型の悩みは人それぞれです。既製服は標準体型に合わせて作られている物が多く、身体にボリュームがあり過ぎても合いませんが、ボリュームが無さ過ぎても決まりませんよね。

 

デザインや素材に気をつければ、より自分をきれいに見せてくれる服は必ずあります。より自分の体型に合う服を見つけてみて下さい。

 

服選びのポイントを押さえるだけで、細身体型にコンプレックスを持っていても好きなファッションを楽しむことができます。

 

タイトルとURLをコピーしました