グラマー 似合う服,胸が大きい 似合う服,胸が大きい人 ファッション | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ

【40代体型別ファッション】胸が大きいグラマーな人が似合う服

骨格ナチュラルの着やせ法 コーディネートの悩み

胸が大きくて服を着こなせないという悩みはありませんか?

 

大きい胸をコンプレックスに感じている女性の中には、服装選びにも気を使っている人が多いだろうと思います。

 

ぴったりフィットした細身の服は胸が強調されてしまい、ダボっとした大きめの服は太ってみえます。自分に合ったものがなかなか見つからないと嘆いている女性は意外と多いです。

 

胸が大きい女性の悩みに、服がカッコよく着こなせないことや太って見えるなどがあります。そのためにはすっきり見える服装を意識したコーディネートが必要になります。

 

胸が大きい人が似合う服や、スッキリした印象になるコーデのテクニックについて紹介します。

胸が大きくて服が入らない悩み

豊かな胸の女性にあこがれますが、服が決まりなかったり大きいことで悩みの種にもなります。少しでも大きく見えるように考えている女性からすれば、贅沢な悩みかもしれませんね。

 

しかし太って見えるとか目のやり場に困ってしまうなど、胸が大きいことできる服に悩む女性は意外と多いのです。

 

大きな胸の女性の中には、小さく見せることができないか考えていますが、どうしても周囲からの視線が気になるという声が多いです。

 

Vネックや体にフィットした服を着たくても、胸が気になるから好きな服が着られない。シャツワンピースなどはボタンがきれいに締まらないので、できるだけ着たくないという声もあるのです。

 

日本人の女性のカップ数の平均はB~Cカップです。市販されている服の多くはCカップを基準にして作られています。

 

そのため胸に合わせて服を買おうとすると胸周りは広くなりますが、同時にお腹周りや腕周りも大きくなるので、胸だけがぴったりしても他はぶかぶかというアンバランスな格好になってしまいます。

 

胸が大きいと体に合う服がなかなか見つからないという点で、ファッションが難しいと考える人が多いといえるでしょう。

 

大きい胸をすっきり見える服装にすることでファッションに自信をつけませんか。キレイ目の雰囲気になるようにコーデしてみましょう。

胸が大きくても太って見えない着こなし

大きな胸に悩む女性にとって、バストラインを強調せず太って見えない服が理想です。そのため胸から視線を外すことが大事です。すっきり見えるポイントを押さえ、お洒落上級者を目指しましょう。

 

着やせ効果を上げたい場合は、縦のラインを強調するのがコツです。ストールや長めのネックレスをつけたりロングカーデを羽織ったりすると胸の視線をそらしつつ、縦のラインですっきり見えます。

胸が目立たない服装の色

胸が大きい人は寒色系や濃い色の服装がおすすめです。紺色や黒といったダークカラーは、身体を引き締めて見える効果がありますので、胸を小さく見せたい場合ダークカラーを身につけるのがいいでしょう。

 

ただし上下とも黒ではメリハリがなくなりますので、逆に太って見えてしまいます。トップスを暗くする時は、ボトムを明るい色のものにするといいです。

 

白のVネックを着る場合、インナーに寒色系を加えるなど色にメリハリを付けるのもおすすめです。

 

パステルカラーなどの淡い色や膨張色といわれる色のアイテムを着る場合、太って見えないようなシルエットにして、ラインの出にくい厚手の素材を選ぶと良いです。

トップスはVネック

グラマーな人はトップスにこだわるのがコツです。胸の谷間が見えない襟ぐりの服は大前提です。シルエットと素材選びに気を付け、ニットなら圧縮素材など生地の詰まったものを選ぶと良いです。

 

シャツならハリのある素材がおすすめです。襟抜きスタイルにしたり、胸の谷間が見えない程度に鎖骨を出すとすっきり見えます。

 

トップスをインするときは胸のラインにフィットしないように裾をたゆませるようにします。胸のトップが目立たないようにふんわりさせて下さい。

 

Vネックはスッキリと見せる視覚効果があります。素材はちょっとハリのある生地を選ぶとボデイラインを拾わないので、バストが目立たなくなります。

 

谷間が見えない程度の浅いVネックアイテムを選ぶと良いです。深いデザインのものでも、下にレースのキャミソールやチューブトップなどを重ね着してレイヤードコーデすれば大丈夫です。

 

ゆったりしたVネックとロングスカートを合わせるときはウエストをインしたり、ベルトで締めたりしてすっきり見せましょう。

 

また袖にフリルなど装飾があるトップスを選ぶと胸から視線をそらせることができるのでおすすめです。

アウターはゆったり

カーディガンやコートなどはボタンを締めると大きい胸元が窮屈な印象を与えるので、開けた状態の方がバランスが良くなります。

 

アウターがない場合は、ストールやロングネックレスを首にかけるだけでもメリハリが出ます。

お腹は締めてXライン

ウエストをぎゅっと絞って目る張りをつけたシルエットをXラインといいます。

 

上半身と下半身共にややボリュームのあるアイテムを合わせ、ベルトでウエストマークをするのが一般的です。Xラインはセクシーで女性らしい雰囲気になります。

 

胸が大きい人が太って見える原因に、服のウエストが絞られていないため、お腹や胸囲のサイズまで服が膨らんでしまうことがあります。

 

お腹をベルトなどで締めてあげれば、胸が大きくても太った印象になりません。

 

パンツスタイルならシャツを入れたりベルトを使ったり、服はきちんとお腹周りが最初から絞られているデザインのものを選ぶと良いです。

 

胸のサイズに合わせて買うとお腹周辺は膨らみやすいので、ベルトを使って胸とウエストのメリハリをつけるようにしていきましょう。

 

ウエストを細く見せることでメリハリがついて全体のバランスが整うことで、スタイルが良く見えます。これなら胸の大きさも気になりませんよね。

ボトムスはバランスをうまく取る

上半身のインパクトを抑えるためには、下半身にインパクトを持っていくコーデにすると良いです。上半身とのバランスをうまく取ることで、すっきり見せることができます。

 

たとえばタイトなVネックなら、ゆったりしたスカートやパンツを合わせるようにします。ベルトでウエスト部分を締めることでメリハリが出るようになります。

 

上半身がシンプルなシャツやブラウスなら、下半身はワイドパンツやボリュームのあるパンツスタイルを合わせることで、すっきり見えます。

小物使いで目線をそらす

体のラインが出てしまうのが気になる場合は、小物で調節してみましょう。

 

胸から上に目線をずらすアイテムに、大きなモチーフのネックレスがあります。ネックレスのチェーンが長いとモチーフが胸に垂れて逆に胸が目立ってしまうので、必ず短いものを選ぶと良いです。

 

首にぴったり巻き付けるチョーカーやスカーフ、ストールなどもおすすめです。ストールは首に巻くといいでしょう。細長いストールをたらして縦のラインを作ることで、胸のふくらみを目立たなくさせます。

 

帽子やヘアアクセサリーもグラマーさんにおすすめのファッションアイテムです。帽子や目立つモチーフの髪飾りを使い、頭に目線をずらせることで胸を目立たなくさせることができます。

大胸さんのNGコーデ

大胸さんが太って見えるアイテムです。胸を隠そうとしてゆったりしたトップスや、ギャザーやフリルが入っているデザインのもの、胸のトップからふんわり広がるAラインのトップスです。

 

特に胸の部分だけにデザインのあるものは、胸の凹凸を強調しやすいです。体のラインを拾うタートルネックも胸を強調してしまうので、大胸さんは避けた方がいいでしょう。

まとめ:胸から視線を外してすっきり見せよう

大胸さんの悩みといえば、太って見えるとか、セクシーな印象になってしまうことではないでしょうか?

 

グラマーさんでもちょっとした簡単なコーデのテクニックやアイテム選びで、すっきり見せる方法はたくさんあります。胸が大きい人の服装は色や形のバランスを考えてみましょう。

 

ウエストの締まったデザインの服にするなどTPOに合わせて、好みのコーデを楽しめるといいですね。大胸のコンプレックスを解消し、自信を持ってファッションを楽しんでください。

 

 https://40daifashion-labo.com/komplex/

タイトルとURLをコピーしました