老け顔に似合う服の選び方!大人女性の若見えファッション | 40代のおしゃれ磨き!大人のファッションラボ
顔分析カルテの詳細バナー

老け顔に似合う服の選び方!大人女性の若見えファッション

顔が暗いと言われるのが悩み コーディネートの悩み

せっかくおしゃれしていても何だか老けて見えることはありませんか? 年齢を重ねていくと洋服を買おうにも好きな服だけを着ていいのか、可愛すぎないだろうかなど色々悩みが出てきます。

 

すると地味で無難なデザインを選びがちになってしまいます。それが年相応では無く老けて見られるファッションなら、もう一度考え直す必要があります。

 

40を過ぎて何を着ても似合わなくなるのはなぜ?

肌質年を重ねると肌質が変わります。顔のトーンも変わるし体形だって少しずつ変わっています。でも洋服の好みはずっと変わらないままそうすると、無理に若作りしているように見られたリ逆に老けて見られたりします。

 

体型をカバーするためにゆったりした服を着る人もいますが、着こなし方によっては老けて見られることがあります。お気に入りの服を長年身につけてしまうのもわかりますが、今の自分に合っているか鏡の中で確認してみるといいでしょう。

 

洋服を選ぶとき何でもに合う色白、黒、ベージュなどの洋服を選びがちです。このような無難な色を好む女性は結構多いです。しかし顔色がくすんで見えることがあります。

 

モノトーンで合わせようと思ってたつもりがただの地味女子になっていたりすることも。

 

この中にポイントで明るい色を持ってくると華やかな色に変わります。クローゼットを開けて一目でわかるように収納上手になるとコーデも考えやすいです。

老け顔になる原因・似合わない黒を着ている

何も考えずに年相応な服をぼんやりと着ているととりあえず似合っているのは若い世代までです。40を超えたら自分の顔というのは自分で勝負しなければいけないという意味ではないかと思います。

 

どういう自分を演出したいですか?40を過ぎて人任せや服のメーカー任せではいけません。

 

実は無難だからといって選びがちな黒は万人に合う色ではありません。色の同化現象と呼ばれる洋服の色に顔色が近づいて見える現象というのがあります。

 

似合わない色を着ると、一気に顔色が暗く疲れて老けて見えてしまうという難しい色でもあります。人にはそれぞれ生まれ持った肌や体の色素により似合う色、似合わない色というのがあります。

 

10代や20代の若い頃はその差は小さいです。本当はそれほど黒が似合う色ではない人でもスタイリッシュでカッコよく着こせました。でも大人になるとそうはいきません。

 

黒に限らず暗い色は顔の中の線を強調する性質があります。若い頃は肌がピンと張っているので、シワやたるみといった線は顔の中にはありません。

 

しかし黒が本当は似合わないタイプの人が着ると口元に伸びるほうれい線、目の下のクマの存在が大きくなり、おばさんっぽく疲れた印象になってしまいます。

 

黒が似合うのは、髪や肩や瞳の色が真っ黒で顔立ちがはっきりした強めの人です。そうでないと顔が色に負けてしまいます。

 

黒が似合わない人は肌や髪、瞳の色素が明るく色白で、茶色い髪や瞳の方が多いです。また顔立ちが優しい方、目が丸かったりソフトな印象の人も黒が似合わないです。

グレーやベージュなど上品色は老けて見える

派手な色はおばさんぽいからといって、上品なベージュやグレーのトーンでまとめていませんか? 悪くないですが、上品な色だけでは落ち着きすぎて老けた印象になります。

 

ベージュとグレーの色に共通するのは安心感です。大人の女性が着て恥ずかしくない上品さを感じる色ですね。白や黒のようなコントラストがはっきりした色よりも、今の年齢の顔色や髪色に合うような気がします。

 

ですがそのまま着ていると危険な色ではあることを知っていますか?

 

ベーシックなデザイン、マットでくすんだ色味、厚手で重そうな生地は避けるようにしましょう。選びたいのはラメや光沢感のある素材、透かし網といった華やかさのあるものです。元々が上品な色なので派手に見える心配はありません。

 

次にアクセントカラーをプラスしましょう。インナーやアクセサリー、ストールなどの小物なら手軽に取り入れられるはずです。

 

ベージュにおすすめのアクセントカラーは濃いブルーやブラウンなどです。ふんわりしたベージュのイメージから知的な印象がプラスされます。グレーに合わせたいのはピンクやオレンジといった暖色系です。モダンな雰囲気に変えてくれます。

 

アクセントカラーはくすみのないクリアな発色のものを選んで下さい。エンジや濃い緑など暗めの色をさし色にすると、老け感がますます強くなりますので注意してくださいね。

明るい色が似合う人

顔立ちが優しい方は黒とは真逆の明るい色が似合います。明るい色には消してしまいたいシミやしわ、肝斑などを簡単に目立たなくしてくれる効果があります。

 

明るい色には顔の中のいらない線や影をレフ板のようにパーっと飛ばしてくれる嬉しい効果があります。明るい色が似合うタイプの方が着ると若々しくきれいでかわいい女性という印象を与えられます。

 

基本的に明るい色を着れば顔色も一緒に明るくなり、暗い色を着れば顔色も暗くなります。よく年齢を重ねると暗い色より明るい色を着た方がいいと言われるのは、明るい色が顔の中の影や色ムラを飛ばしてくれるからです。

 

明るい色やパステル系を着ると色だけ浮いてフェイスラインがぼんやりしたり、何かが物足りない印象であればそれは似合っていないということです。肌色が暗めの方に多いです。

 

自身が明るい色が似合うタイプなのか暗い色が似合うタイプなのか見比べてみて下さい。

 

今まで派手だと敬遠してカラーも今より少し明るめにするだけで、同じデザインの服でも見た目年齢を若くしてくれる効果があります。

 

顔色を明るく見せるというのは老けて見られないファッションのポイントになります。自分に似合うキレイめカラーは把握しておきたいです。

まとめ:老け顔の自分にサヨナラしよう

アラフォーは年齢が上がると家事や育児、家族のことが中心になり、自分の事はおろそかになってしまう年代です。それでもおしゃれして気分転換したいものです。

 

今まで無難だと選んでいた黒やベージュ、グレーなどのコーデが地味だと感じていたら、アクセントカラーをプラスしてみて下さい。一瞬でオシャレになるはずです。

 

自分らしい心地良いファッションを見極め、そこにトレンドをミックスしていけば個性が光ります。是非この機会に老け顔の自分にサヨナラし、大人女性の洗練されたファッションを楽しんでくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました